Spefial issue

大特集

身近にある幸せ

[郵便局がカフェにな...]

高松市川部町の「TMギャラリー郵便局Cafe 」へ。特定郵便局がそのままカフェになった珍しいカフェです。建物全体もレトロ。・・・

[湧き出たような屋島...]

久しぶりに屋島に登ると、山麓の道際にたくさんのキノコが湧き出るように姿を見せていた。雨が降り、気温が上がる夏の季節は、屋島の山のあちらこちらでキノコが見られる。赤いキノコや、珍しい色と形が花のような黄色いキノコ、ただひとつぽつりと生え・・・

[まろやか!ハマチの...]

お昼時はいつもたくさんの人で賑わう、道の駅「源平の里むれ」の食堂じゃこや 。瀬戸内海でその日に獲れた新鮮な魚を地元の・・・

[懐かしの屋島ケーブ...]

屋島ケーブルは2005(平成17)年8月2日に運行が廃止されている。今は山麓駅の左側から回り込んで裏に行くと、停まっている車両を見る事ができる。駅の建物は当時よりも一段と古めかしくなり、ペンキが剥がれ、窓ガラスも割れている所がある。約800m・・・

Special issue

ここはどこ?

[道端の蕎麦畑、ホト...]

昨日奥の湯温泉近くで栽培されていた“蕎麦畑”を見つけて。蕎麦の花は満開でもうすぐ実が付き始めるのでしょうね。クローズアップで写真を写すと違う花のように見えます。ホトトギスの花は塩江の道の駅近くで咲いていました。散り始めていた金木犀からは・・・

[我が領域を見守り、...]

今日は、綾川から「回天山古墳を守る会」の一行が青ノ山古墳群を見学に来られました。ふるさと学習で勉強した私たち3名が教育委員会の依頼で案内役を仰せ使った次第。先ずは頂上にある「青ノ山1号古墳」から。青ノ山頂上・224mの位置に特異な立地と・・・

ここはどこ?

[特別な部屋]

金属工芸コースの実習室です。スプーンや柄杓、鍋などを作る鍛金の実習で使います。鍛金とは「金属を叩いて形を成型する技・・・

[湧き出たような屋島...]

久しぶりに屋島に登ると、山麓の道際にたくさんのキノコが湧き出るように姿を見せていた。雨が降り、気温が上がる夏の季節は、屋島の山のあちらこちらでキノコが見られる。赤いキノコや、珍しい色と形が花のような黄色いキノコ、ただひとつぽつりと生え・・・

[麺喰地蔵]

東山魁夷美術館からの帰り、麺喰地蔵でも有名な坂出のうどん店「がもう」に寄りました。午後1時を過ぎていたのですが、入店直後「もうここまでで終わりです」の声が聞こえ、危機一鉢でなんとか食べれました。途中、「店の雰囲気だけでも見て来る…」・・・

[男木島の水仙ウォーク]

男木島の家々は、急で細い坂道でつながって建っていた。男木港にあった「島の家並み」の看板によると「段々畑のような民・・・

Special issue

建築散歩

[丹下設計では珍しい...]

プリッカー賞や文化勲章などを受賞した、世界的にも有名な丹下健三氏が設計した建築物。香川には、いくつか丹下氏の設計した建物があるがその内の1つ。しかし、丹下氏は住宅建築はほとんど手掛けておらず、かなり貴重な建築物だと言える。勾配が付いた・・・

[香川県の財産、言わ...]

日本現代建築の巨匠・丹下健三は東京オリンピックや東京都庁も設計しており、そのプロトタイプともいえる香川県庁舎本館、・・・

[日本「三大水城」の...]

高松城は生駒親正が天正16年から数年かけて築いた「平城(水城)」で、瀬戸内の海水を引き込んだ、日本「三大水城」の一つです。松平頼重の時代に、天守改修、東ノ丸、北ノ丸を新造、二代頼常の時代に、月見櫓、艮櫓を建て、大手を南側から東側に移・・・

建築散歩

[門に対して斜めに架...]

「城跡めぐり 高松城」に参加した。寛文11年(1671年)頃に高松城は、南側の桜の馬場の南中程(現在の敷地では南西隅)に・・・

[桜の馬場から見た高...]

「桜の馬場」は昔、馬の教練をした場所で、かっては今の2倍ほどの広さがあり、桜の木が植えられ、春には花見の人で賑わう所・・・

[玉藻公園の陳列館]

玉藻公園の桜御門から右側にある「陳列館」には、高松城や歴代藩主等に関する文化財や資料、模型、古写真などが展示してあ・・・

[百十四銀行高松支店...]

2012年より行われていた、丸亀町商店街の入り口にある「百十四銀行高松支店」のリニューアル工事が完了し、外部の仮囲いも・・・

[高松の町中散歩]

丸亀町通りの「114銀行高松支店」が工事中で、すっぽりと工事用壁に覆われていた。前には創業百十四周年を記念して建てられた「百十四銀行創業の地」の碑があり、裏に回ると、最近見つかったという戦時中の迷彩柄に塗られた壁があった。また、松島町・・・

Special issue

時間と暮らす

[日本最古の芝居小屋...]

「金丸座」は天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。桟敷に座ると、人気役者の息遣いが感じられるほど臨場感にあふれ、金毘羅詣りの後、歌舞伎を楽しんだ当時の人々がよみがえってくる、まるでタイムトラベルをしたような感覚。毎年・・・

[秋の和菓子でお茶し...]

季節ごとに和三盆でお菓子を作っています。これは秋バージョンです。可愛いでしょ!

[街で見かけた、猫。]

今朝、高松市内の某所にて、座っているねこを発見。早速撮影。横になった状態で、背を伸ばした。横になったまま、こっ・・・

時間と暮らす

[夜露]

少しずつ冷え込んできました。葉の先にキラリ、小さな水滴。夜露が光っていました。ぶ~~んと飛んできて小菊にぴとっと。・・・

[継ぎ表紙の楽しさ]

手のひらにのる「豆本」や、手作り装丁を楽しんでいます。素材の組み合わせを考える「継ぎ表紙」も手作り装丁の醍醐味です。写真上は「両袖装」。背と前小口側に同じ材料を使いひらの部分に別のものを使用して作るデザインです。記事の前の写真は、「・・・

[本津川のハクチョウ...]

本津川で季節を通して見られるコブハクチョウ。あちこち行っているようですが、河口に近いところでもよく見かけます。ヒ・・・

Special issue

0円散歩

[郷東川を散歩]

里の木樹も色づき始めました。散歩道で見かけたモミジの黄葉は散り始め、郷東川「憩いの場」の桜は茶色に変わりつつありま・・・

[大束川沿いを散歩]

久しぶりに家内からウォーキングのお誘いを受け散歩に出かけました。しばらくぶりの大束川沿いは、流石に冬真っ盛り。花た・・・

[散歩道で見つけたみ...]

御殿山、浄水道池付近で冬の名物風景みかんの収穫作業が始まりました。霜が降りないうちに収穫するそうです。この年は豊作・・・

秋をどこで見つけたん?

[五色台で見つけた秋...]

オニグルミの実。外はエライ事になっているけど、中はこってりしたクルミです。少し小さいけど甘さ抜群のシバグリ。焼き・・・

[ビックリ!!大イチ...]

あ~あれ~~!!遠くからでも見える巨大なイチョウの木!!しかも2本並んで!初めて見る大きさに暫らく見惚れてしまいました。車を止めて外へ出てみると…何この臭いは?沢山のギンナンが落ちて、車が、人が、踏んで実がつぶれて…強烈な臭いです。写真を撮・・・

[芸術と実りの秋、空...]

東かがわ市にある空ちゃん田んぼは、幅20m×奥行き50mの田んぼにコシヒカリと紫色の古代米により弘法大師像を描いた田んぼ・・・

Special issue

好きなカフェ

[塩江でほっとり、の...]

塩江の道の駅にある「ほのり」という店に行ってきました。ショーケースに並ぶおいしそうなケーキは手作りなんだそうです。・・・

[本格的な中国茶が楽...]

ホールソレイユ東側のビルの2Fにあるカフェで、本格的な中国茶が楽しめるお店です。中国茶だけではなくグラハム粉をたっぷ・・・

[北浜alley umie]

今日は友達とカフェに行って来ました。北浜alley umie(ウミエ)。すごくおしゃれな雰囲気で、夜はライブカフェにもなったりす・・・

[看板「にゃんこ」の...]

お行儀よく?テーブルの上から「いらっしゃいませ~」と出迎えてくれました!出先の作品展の水彩画から見つけたカフェ「ハナあかり」。まんのう町吉野、ちょっと分かりづらかったけど何とか見つけられました。天井が高く、一見納屋を改造したよう・・・

[古い民家カフェのch...]

古い民家をリノベーションした人気のカフェです。道路側から見える外観は思いっきり普通の民家。cafeには見えないところが・・・

[郵便局がカフェにな...]

高松市川部町の「TMギャラリー郵便局Cafe 」へ。特定郵便局がそのままカフェになった珍しいカフェです。建物全体もレトロ。・・・

[Cafeでもあり洋裁教...]

高松市錦町のNHK高松放送局の近くにあるお店です。カフェでもあり洋裁教室でもあり。以前は「柴田洋裁学院」でしたが2001・・・

琴電でコトコト

[毎年11月3日に開催...]

毎年11月3日に開催ことでん電車まつりは今年で第12回。仏生山車両所にて開催されます。今年もたくさんのイベントやブース・・・

[琴電1308形]

長尾線用1307-1308です。今日は定期検査でした。琴電1308の車内ドア付近です。1300形の増備車2編成、1305-1306と1307-1308は、ドアのパッキン横に黄色いテープが貼られ、更にドア近辺の床が黄色く塗られています。混雑防止と緩和の為と思われま・・・

[私が一番好きな駅、...]

積み木の家のような、ことでん「滝宮駅」。ここは、私がいつも通学に使っている駅です。優しい車掌さんや駅員さんが毎朝お・・・

[ことでんのラッピン...]

ことでんラッピング電車。1215+1216の編成に、「全労済」が広告主のラッピング電車で、長尾線にて運行されている。写真は・・・

[近代化産業遺産群の...]

パステルカラーのクラシックな駅舎が人気のことでんの屋島駅は、経済産業省が主催する「平成20年度 近代化産業遺産群 続33」に認定されています。「近代化産業遺産」とは、我が国産業の近代化を支えた建造物、機械等について、公募方式により、産業遺・・・

Special issue

I LOVE 湯

[平賀源内ゆかりの湯...]

車から降りると、ヒンヤリとした風が心地よい日でした。新鮮な野菜、秋には採れ採れきのこが人気の道の駅「ことなみ」。連休前にも関わらず、第1駐車場は満車。温泉・レストラン+新鮮市場 清流の里。葉ワサビ・クレソン・ワラビなど新鮮な野菜が並んで・・・

[庵治温泉]

あじ温泉 庵治観光ホテル海のやどりは庵治半島の先端、三方を瀬戸内の静かな海に囲まれた半島唯一の温泉です。源平合戦ゆ・・・

[塩江のお馬さんと紅...]

道の駅「しおのえ」そばの川にかかる橋の向こうには隣接した温泉「行基の湯」があります。静かな山里に佇む和の風情ある温・・・

[塩江温泉の後は「い...]

いい天気の今日は愛車で塩江へ。山の中を走る…走る…走る…。目指すは「塩江温泉」と「いこい食堂」の親子中華そば!温泉にゆっくり入った後、ここで食べる中華そばは最高です。塩江温泉郷の赤い橋のたもとにあるいこい食堂は、どこにでもある普通の・・・

[金刀比羅宮の参道の...]

年始めの恒例イベント「こんぴら温泉まつり」。表参道口の「金陵の郷」で、「天狗の足湯」が開設されていたので、寄って・・・

秋のお祭り

[旧金毘羅大芝居・金...]

香川県琴平町にある現存する日本最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居・金丸座」の特別公演は春とは違う趣があり、秋の楽しみのひとつです。平成25年10月31日(木)から11月10日(日)まで公演される「坂東玉三郎特別公演」にあわせて、四国への観光客誘致・・・

[金刀比羅宮の参道の...]

10月23日、屋島寺本堂と大師堂の間にある「熊野権現」にて鎮守祭が行われるというので、お参りのため屋島に上がった。こ・・・

[四国村、こども農村...]

四国村にある小豆島から移築した農村歌舞伎舞台「玉藻座」で、毎年10月に恒例で行われるこども農村歌舞伎を見に行きました・・・

[石清尾八幡宮秋祭り]

高松市の氏神として崇められている「石清尾八幡宮(いわせをはちまんぐう)」で秋祭りが行われました。花火が祭りの・・・

[屋島・大宮八幡神社...]

0月13日・14日に、屋島の大宮八幡神社で秋祭りが行なわれました。13日は宵祭り、14日は氏子祭、浦安の舞と太鼓台の奉納が・・・

more! issue

冬景色

[冬空に咲く冬至梅]

昨日、所用のついでに栗林公園まで足を伸ばして来ました。もちろん冬至梅を見たくて…。教えてもらっていたのですぐ分かり・・・

[栗林公園のななこ垣]

師走に入ると、栗林公園では造園課管理班がななこ垣の更新作業を行っています。このななこ垣は園内に総延長1,200mも続く・・・

[屋島雪景色]

朝起きると周囲の田んぼが雪一色になっており、屋島山上も白くなっていた。屋島遍路道に一部凍っていた所があり、恐る恐る登ってきた。屋島寺四天門をくぐり、本堂前の石段の手すりを持って、滑らないようにゆっくりと上る。続いてある舗装された道は、・・・

あったまる~!

[甘酒の誘惑]

三豊のまちを歩いていると、店先にかかった「甘酒」に惹かれ、丸岡味噌麹製造所さんにちょっと寄り道してみました。お・・・

[これぞ讃岐ラーメン!]

丸亀にある中華そば「一徹」。昔の喫茶店のような落ち着ける店内。麺はなんと自家製麺なんだとか。中華そばというよりは鶏ガラと昆布のダシで讃岐ラーメンという感じで懐かしい味です。優しい味に心も身体も温まります。冬は麺がますます美味しいです・・・

[山小屋で雪見酒を。]

久しぶりの雪です。山小屋「ゆうしん」もすっかり姿を変えています。この雪を一目見ようと、会員が集まりました。今宵は、山小屋で雪を見ながら「誰も見ていない」鍋を囲んで雪見酒です。風流ですね。寒い時は鍋と酒と友人に限ります。雪見酒は永遠・・・

[しし鍋でぼかぼか!]

孫の学期末試験も終わったので、家での忘年会は、しし鍋で始まりました。猪は、香川県の産です。里山の筍やサツマイモを・・・

[身体の芯から温まる...]

三豊市仁尾町の仁尾八朔人形まつりにて、さつま丼というものを食べました。さつま丼とは、西讃地方の海岸に伝わる祝い事・・・

more! issue

冬に食べたいふるさいとの味

[自家製しょうゆ豆]

香川の味と言えば、しょうゆ豆。今では手作りする家庭も少なくなりましたが、昔はよく作ったものです。作り方は簡単。空豆を殻から取り出し、乾燥させた後、焦げ目がつくまで煎っていきます。この時、お豆がこんがり焼ける良い香りに、ついついつまみ・・・

[男木島の干しタコ]

昨日、お知り合いの家に新鮮なタコが5杯も運ばれてきました。タコは天ぷらや刺身、タコブツなど、いろいろに調理されますが・・・

[まんばのけんちゃん]

万葉こと百花。これを知らない人は讃岐生まれでない、なんて言われるほど香川ではよく食べられているまんば。家庭菜園などでもよく作られているようです。食べ方は、豆腐や油揚げを入れて煮浸しにしたまんばのけんちゃんがお約束。冬場のお惣菜の・・・

[家庭の味、打ち込み...]

冬の香川の家庭料理といえば、打ち込みうどん。美味しくて身体もあったまり、根菜などの野菜がたくさん入っているから、こ・・・

[しっぽくうどん]

普段は温暖な讃岐にも白い雪が降ってくる季節になると、どうしても温かいうどんが目の前をチラつきますよね。冬の限定うどんはやはり、しっぽくうどんでしょうか。写真は「三徳うどん」さんのしっぽくうどん。丼から溢れ出そうなボリーュムとアツアツ・・・

[やっぱり餡餅雑煮!]

香川のお正月といえば、やっぱり餡餅雑煮は欠かせません。各家庭で作る料理なので、外で食べることはなかなか難しいですが・・・

夜の輝き

[高松冬のまつり]

昨夜は高松冬のまつりを楽しみました!色とりどりの美しいイルミネーションの光に気分もあがって、パチリ!パチリ!趣向を凝らした様々なイルミネーションは見応えも充分です。中央公園が色鮮やかに変身する高松冬のまつりは、やはりこの時期だけのお楽・・・

[ウィンターファンタ...]

まんのう公園では冬になると「ウィンターファンタジー」というイルミネーションイベントを開催しています。初めて見た時、・・・

[真冬の月食]

今夜は楽しみにしていた皆既月食。昼間は雨が降って心配でしたが、暗くなると綺麗な満月が夜空に顔を出しました。始まった・・・

more! issue

年末年始のお楽しみ

[餡餅雑煮が食べたく...]

大晦日の今日はせっせとお餅の準備。もちろん中にはあんこが入った餡餅です。ガタゴト、ガタゴト…と餅機を回してお餅ができたら、母の作った小豆でできたあんこをお餅でくるんで、きゅっと絞ったら完成!たくさん作って、宅急便で親戚やお姉ちゃ・・・

[栗林公園の門松]

今日は朝から、門松を設置しています。材料には松、竹、梅(まさに松竹梅!)、南天、葉牡丹などを用い、この他例年・・・

[こんぴらさんへ初詣]

こんぴら出身の私は、お正月になるとやはり石段が恋しくなって、今年も元気を出してこんぴらさんへ上りました!例年通り、・・・

[お年玉]

お正月準備の一つに、孫に渡すお年玉があります。お年玉用の封筒は、小さなのし袋を用意しました。かわいい人形などの絵がついた袋を大学生にもなった孫に渡すわけにもゆかないので、裏にちょっとおめでたい絵を描きました。表に描けばよかったのです・・・

[長尾寺の三味線餅つ...]

正月二日、長尾寺に初詣に行きました。今日は三味線餅つき、とあって境内まで車で満杯!去年よりも参拝客が多い様に見えま・・・

サヌキノススメ2

[哀しい伝説を秘めた...]

高松張子の由来は江戸時代まで遡りますが、そのなかでも代表的なモチーフとなったのがおマキ伝説にちなむ「奉公さん」。お姫様の病を身に移しうけたという伝説に反し、柔和で優しげな笑顔が特徴的です。しかし、よく見るとその笑顔の奥にはシュールな面・・・

[琴平生まれの伝統工...]

讃岐一刀彫は、琴平で生まれた伝統的工芸品です。木の形や状態をみて、何を作るか何か作れるかを想像しながら、木目を活かし、いろいろなノミを使い分け彫っていきます。ノミの刃跡をそのまま残す事が他県の彫り物と大きく違う所。現状、現役で作られて・・・

[使いながら育ててい...]

松とは樹齢300年を超える老松の中心部位(幹)。脂分か多いため加工が難しいとされ、何十年という時間かけて乾燥させ寝かせるという手間がかかる素材です。しかし、あえて扱いにくい肥松を木工品にする事で、白木が赤褐色に経年変化していく色調が楽・・・

[多年を保つ、保多織...]

保多織(ぼたおり)とは、いつまでも丈夫である事から「多年を保つ」意味で、高松藩主・松平頼重の命名で名付けたとされて・・・