more! issue

地元の同級生

[還暦を迎える年に集...]

小豆島では還暦を迎える年の人たちが毎年、小学校単位で厄払いの同窓会を開催します。今年2006年は私達(戌亥)の還暦の年です。地元にいる人たちが、幹事を引き受けてお世話してくれます。1月3日に八幡様で厄払いのお祓いをしてもらい、後懇親会に移り・・・

[小豆島 安田小学校...]

安田小学校校歌

希望の峯に 雲晴れて
輝く朝の 星ヶ城
仰ぐひとみも はつらつと
みんな仲良く 健やかに
明るい 安田小学校

みどりの丘に 松風も
静かにひびく 内海・・・

[昭和18年の仏生山託...]

1943年(昭和18年)、撮影地域は高松市、仏生山託児所。昭和18年に託児所があったんですね。国旗が沢山飾られています。・・・

[50年前にタイムスリ...]

昨日、昭和30年夏に起こった奇跡を思い起こし、我らが同級生で祝賀会を開催した。当時の宿敵、高松商業の名監督や、坂出市長はじめ来賓20名余を迎え盛大に催された。 当時紅顔の美少年達も今や父兄が参加されたかのように頭の髪は白いか、薄いか?です。・・・

この夏祭り

[うどんだけじゃない...]

暑いときでも食欲をそそるものの代表がソーメン。ということで、「讃岐そうめん祭り IN 栗林後公・・・

[昔にタイムスリップ...]

ナンマイ ドーヤの大川念仏踊り (だいせんねんぶつおどり) 、今年も旧歴の6月14日(2013年は7月21日(日))に大川山山頂大川神社他で行われます。村の人総出の雨乞い踊りで大川神社の氏子たちによって踊り継がれてきました。歴史は古く奈良時代から・・・

[滝宮の念仏踊]

大きな「日月」を書いたうちわを閃かせて、「ナミアムドーヤ」と唱える歌詞に合わせて…厳かに踊り…軽やかに踊り…袴をは・・・

[茅の輪くぐって無病...]

毎年7月31日に白鳥神社の夏越祭りが行われます。本殿前にて午後4時から茅の輪くぐり。茅輪の式では修祓から始まり、着座・・・

[ひょうげ祭り]

平六の 業績称え 秋の池。江戸時代、土地の高低が激しく水不足に悩まされていた浅野地区に水を引くため、新池を作った矢延平六の徳を偲ぶとともに、水の恵みに感謝し、豊作を祝う行事として始められた。ひょうげ祭り保存会の手によって、毎年9月の・・・

more! issue

花火、花火、花火

[夏の到来を告げる水...]

夏の到来を告げる水道局の花火大会が今年も開催されました。今年で16回目です。6月1日から6月7日は「水道週間」です。・・・

[6000発の花火がどん...]

高松市の祭りのなかでも最も賑わいのあるお祭りはこれ!さぬき高松まつり花火大会「どんどん高松」。今年は第48回2013・・・

[手が届きそうなぐら...]

夕方より、まるがめ婆娑羅まつりへ。駅前広場、美術館前などものすごい人、人、人…みなと公園を通り、花火見学場所へ・・・

[志度サマーメモリア...]

志度の花火大会はサマーメモリアルフェス。父の日のプレゼントにもらった草履を履いて出かけました。花火の打ち上げの場・・・

島への思い

[鬼ピーの黄色い花を...]

思い出の道、丘の道 女木は南面の観景がいい。波止場から灯台へ向かう岬の道は時計回りに歩くと下りが楽である。このみちには水仙、もも、柑橘、桜の花が多い。私のお気に入りは、港からまちを抜けてなだらかに山腹1/4ばかりのところをゆっくり東に伸・・・

[恩師とお別れの日、...]

4月の終わり、本島からの丸亀港への最終便で本島の小学生たちが港に集まって、これまでお世話になった恩師の先生方にお礼が言える、今日が最後の日。船の別れはいつまでも名残惜しくどこか切なく感じます。船に乗り込んで出航を待つ先生方を見上げて、・・・

[小豆島へお墓参りに...]

小豆島にお墓参りに帰ってきました。今年の夏は、忙しくて9月になってお墓参りです。 フェリーから草壁港が見えます。ここか・・・

[鬼ピーの黄色い花を...]

女木島の名産品「ピーナッツ」に黄色い花が咲くころだと見定めて午後の船で渡った。島へ里帰りした家族たちの賑わいも去り、お盆過ぎの涼しい風の訪れで海水浴客も少なく、松原にはキャンパーのテントが4つ5つ張られているだけだった。小学校の裏手か・・・

more! issue

さぬきのさしすせそ

里のおみやげ

[こんな地元味がお土...]

袋を開けた瞬間、ふわーんと広がる香ばしくてあま~いしょうゆの香り。しょうゆあげせん「島の味」は醤油づくりの歴史あ・・・

[男木島の干たこ]

島の冬の風物詩、干したこです。天気がよくて風も吹いてたなら、2~3日干したら焙って食べたら超最高のおつまみになります。熱燗や焼酎の湯割りにピッタシ!

[いつまでも続けよう...]

うどん県ならネクタイもうどんでなければ!「うどん」と「うどん鉢」の連続模様でデザインされたうどんネクタイ、正確に・・・