Spefial issue

[栗林公園なのに、な...]

「栗林公園」という名前なのに、園内には栗の木がほとんど見当たらないなあと不思議に思いませんか?藩政時代「栗林荘」と・・・

[①うどんの白波と高...]

サンポート高松の周辺には、高松の名所や名物が描かれたデザインマンホールが設置されています。これは高松工芸高等学校デザイン科の生徒さんの作品で、マンホールにあるQRコードを読み込むと、名所や名物を紹介するホームページを見ることが出来るよ・・・

[ほろ苦い春の味。]

今日は朝からとってもいい天気で春の日差しをたっぷり浴びました。夕食の一品には、先日見つけた我が家の畑に生えていたつくしを使って、卵とじを作りました。つくしは、丁寧に何度も水を変えて洗います。はかまを丁寧に取り除き熱湯でゆで、水に30分程・・・

[桜越しに見る丸亀城...]

丸亀城では、春になると城内に約1000本のソメイヨシノが咲き誇り、「扇の勾配」と称される石垣は見事に桜で彩られます。毎・・・

[鯛のエサやりで、鯛...]

玉藻公園の水門近くの堀には、鯉ではなく鯛が泳いでいます。某有名TV番組でも紹介されましたが、やはり珍しいみたいですね・・・

[100年以上ずっと手...]

張子虎は参勤交代があった時代に仁尾港は上方への海運の拠点となっていて、その由縁で関西の張子技術が讃岐に伝わったとされています。今、讃岐で職人さんは2人。その中のお一人が明治30年創業、三宅人形店です。少し仕事を見せて頂きました。木製型に・・・

Special issue

なぜの謎

[誰が決めた?]

宇多津臨海公園のモニュメント。桂由美氏のデザイン?みたいですね。しかし、塩田後の埋め立て地から公園になった場所・・・

[不思議な名前、長尾...]

南北朝時代のおわりから室町時代(1441年~1580年頃)の東讃岐の豪族である「寒川氏」の本城が、昼寝城であったらしい。長尾寺から大窪寺に至る四国の道から200メートルほど入り込んだ標高400メートルの山上にある。その当時も昼寝城といっていたの・・・

[栗林公園なのに、な]

「栗林公園」という名前なのに、園内には栗の木がほとんど見当たらないなあと不思議に思いませんか?藩政時代「栗林荘」と・・・

[法然寺への道筋]

仏生山に点在する地蔵に共通すること。それは、近くに五角形の石柱(地神塔)があることと、道標があることです。地神塔は「じじんさん」と呼ばれる、この地域で秋の収穫を感謝してお祭りをする時に集まる場所。地神塔の五面には、天照大神、倉稲魂尊、・・・

なぜの謎

[カメビシビルの裏手...]

田町商店街のカメビシビルの裏手に、謎の壁画が存在!いつごろ、だれが?知っている方、情報ください。市立南部駐車場の北側出口を出ると見つかります。

[不思議な輝き]

東日本大震災の起こる数日前に撮った写真です。午前6時過ぎに撮影しました。光の火柱が写ってます。とても不思議な光景でし・・・

[法然寺二尊堂火災の...]

毎年1月26日の「文化財防火デー」を前にして、玉藻公園披雲閣をはじめとして各地で消防訓練が行われていた。奇しくも、高松市仏生山にある高松藩主松平家の菩提寺である法然寺二尊堂で1月13日火災があり、残念ながら焼失したという報道があった。火災・・・

[サンポートの海に異...]

謎の物体遊泳か! 海底に異変か!?快晴の空が戻ったサンポート沖の海に、大異変が発生。この模様は約10分間継続したが、忽然・・・

Special issue

知らんかった!

[源内も間違えたホル...]

源内は宝暦10年(1760)7月、高松藩主松平頼恭に従って江戸から帰る途中、紀州湯浅のある寺でこの木を発見した。源内はこの苗木を持ち帰り栗林公園内に植えたと言われるが、実はこのホルトノキを「オリーブの木」と思っていたらしい。著書「紀州産物・・・

[マルナカのあのマー...]

チェーン店であり、マルナカがスーパーマーケットとしてスタートしたのが1960年。2010年、創業50年を迎え、現在はイオング・・・

[文武両道の若き香川...]

香川県立丸亀高等学校といえば、文武両道の学校として、政治から文化まで幅広い人材を送り出してきています。元香川県知事・金子正則氏や、画家・猪熊弦一郎氏も出身というのはご存知でしたか?現在「猪熊弦一郎展 丸亀とともに-香川県立丸亀高等学校・・・

[明治の頃の旅順要塞]

西方寺(高松市西宝町)を訪れ、裏山に確か何かがあったなという昔の記憶を頼りに、登ってみた。西方寺から約7分位登った・・・

知らんかった!

[甘納豆の店、村瀬食...]

山の中の細い道をドンドン進んでいくと小さな小屋が見えてきます。保存料を使用していないため、傷みやすくなる夏の間、5月の連休明けから9月まではお休みです。・・・

[霊感が下りてきて]

天年11年(739年)行基が当地で霊感を得て、聖観音菩薩像を刻み、堂中に安置したのが長尾寺の始まりとされています。空海・・・

[松平頼恭はどんなお...]

高松藩主松平頼恭はどんなお殿様だったのか、それを知る手がかりがいくつも点在している。四国八十八カ所の84番札所の屋島・・・

[松平頼恭はどんなお...]

高松五代藩主松平頼恭は、藩の財政改革のために江戸城吹上御殿にあった薬園にならい、栗林公園内に薬園を運営しました。各地から花木や薬草を取り寄せ、その栽培管理には平賀源内を起用。現在は、梅林と茶園とになっています。製糖や塩田開発も手がけた・・・

Special issue

そうだったのか!

[元は高松県庁、高松...]

ウルトラモダーン!な外観のこちらは、高松松平家の菩提寺、浄願寺です。現在は番町2丁目にありますが、元は中央公園にあっ・・・

[250年以上、時を告...]

玉藻公園北側の海浜公園にあるお城のような建物。ここにはかつて高松市民に午後10時の時刻を知らせていたという鐘(報時鐘)が収められています。初代高松藩主が承応2(1653)年に城下の人々に時を知らせるために作ったこの鐘は、時には「四番丁校のゴン・・・

[ここが、血屋敷の井...]

ここが、そうだったんですね!復元された高松城「血屋敷井戸趾」。三越北側の立体駐車場の1階に偶然見つけました。謎が多い・・・

[悲しいいわれの宝蔵...]

長尾の宝蔵院極楽寺の近くには、宝蔵院道と呼ばれる道があります。郷土史によると、この道は、江戸時代に極楽寺の住職が木太大橋を渡って藩主松平公の法話に参上する際、御坊川の刑場で死刑囚の打ち首の場面に出くわし、藩主に「私が通るときには処刑を・・・

そうだったのか!

[大きいもん好きと小...]

丸亀にある丸亀市猪熊弦一郎現代美術館と香川県立東山魁夷せとうち美術館は、どちらも谷口吉生という建築家が設計していま・・・

[香川生まれの万能の...]

平賀源内は今から約250年前の18世紀半ば、江戸時代に彗星のごとく現れた文化人です。静電気を発生させる装置エレキテルを発明したことでも有名ですが、発明家の他にも、学者、医者、作家、画家としても活躍したまさに万能の奇才。テレビドラマや映・・・・

[平賀源内記念館へ。]

今日は志度の平賀源内記念館に行ってきました。館内は、手際良く分散展示され、館長のご説明も素晴らしくとても良い時間を過ごしました。源内先生は幼少から天才アイデアマン!且つ実行力と指導力の偉大さを改めて知りました。1時間では回りきれず、予・・・

[実は香川の功労者?...]

久米通賢は、江戸時代後期に坂出の塩田を開発し、香川の塩業発展の礎を築いた人物として有名ですが、彼の残した業績は塩田・・・

Special issue

大結願のある所 志度

[大窪寺裏山の女体山...]

四国霊場第88番札所、結願寺大窪寺。本堂の裏山には標高770mの女体山の「胎蔵ヶ峰」があり、若かりし頃に断念したこの山・・・

[志度高等学校の「醤...]

平賀源内記念館で行われていた「さぬき源内ふるさとまつり」で見つけた志度高等学校の「醤たろう」。テントの中の商品を見・・・

[志度に来たら、牟礼...]

志度に来たらはずせないのが、JR志度駅のすぐ横にある牟礼製麺。一番好きなのはかけうどん。手打ち麺で太さがバラバラですが、だしとうまくからんでおいしいです。うどんだけでなく中華そばもあります。店に近づくと、おいしそうなだしの香りがしてくる・・・

空海を旅する 善通寺

[ふらりと金倉寺へ]

香川県善通寺市にある金倉寺は、四国88ヶ所霊場第76番札所としてたくさんのお遍路さんが参拝されます。立派なご神木の楠が目を引きますね。ご神木パワーをいただけるかな。善通寺から歩き遍路で金倉寺に近づき、広い道に出ると立派な仁王門があったので・・・

[旧善通寺偕行社]

香川県善通寺市役所構内の一角にある「旧善通寺偕行社」に隣接する「偕行社かふぇ」でランチ。中に入ったのは初めてでした・・・

Special issue

崇徳上皇の足跡 坂出

[第79番札所天皇寺本...]

もともと崇徳天皇と深い関係があることから、第79番札所「天皇寺」と称している。弘仁年間(810~824)この地にお越しに・・・

[崇徳上皇が愛でた「...]

第75代天皇であった崇徳上皇は、保元(ほうげん)の乱(1156年)に敗れて讃岐に流され、長寛2年(1164年)に亡くなるまで・・・

[雲井御所跡を探して...]

白峰中学校の北の道路を西へ、「新雲井橋」の手前まで来た時、車をとめて周囲を見回すと歩道上に「史跡雲井御所」と左矢印・・・

巨木パワー

[お遍路さんを見守り...]

東かがわ市の与田寺山門の両脇に、県指定天然記念物にも指定されている椋の木が2本あります。樹齢はどちらも600年、幹回りは6m、高さ40mを超す大木です。さすがに年季の入った樹木は、貫禄があり立派です。与田寺は四国八十八ヶ所総奥の院とも称され、・・・

[弘法大使が植えた2本...]

四国八十八ヵ所札所67番の小松尾山大興寺には、樹齢1200年を誇るカヤの巨木があります。高さは20m、胸高幹周は4.1m。そして、この大興寺にはもう一本、同じ樹齢1200年を誇る「県保存木」指定の大楠があります。伝承では、どちらも弘法大使が植えたとさ・・・

[松だけじゃない、栗...]

栗林公園の商工奨励館の脇にデ~~~ン!とそびえ立つヒマラヤスギ。空に聳えてわたし達を迎えてくれるこの木は、明治32(1・・・

Special issue

恋人達の聖地

[「世界の中心で、愛...]

2004年に公開された映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の中で、主人公のサクとアキがこいでいた青いブランコ。このブラン・・・

[海を見ながら、愛を...]

瀬戸大橋や瀬戸内の海を一望できる聖通寺山展望台は、有名な恋人の聖地のひとつ。展望台の中央には青い十字架が飾られ、フェンスには数多くの金色のハートの南京錠が掛けられています。この南京錠は「誓いの鍵」と呼ばれ、メッセージやふたりの名前を・・・

[恋松天神で縁結び。]

千数百年の歴史を持ち、学問の神様・菅原道真公を祀る綾川町の滝宮天満宮。受験生も多く訪れるこの神社の一角には、恋松天神というものがあります。この恋松天神は、讃岐の国司としてこの土地に赴任していた道真公のラブストーリーにちなみ、縁結びの神・・・

[バレンタインデーの...]

バレンタインデーの今日は、帰宅すると若嫁さんから「お父さんに・・」と言ってチョコレートケーキのプレゼントがありま・・・

春のお祭り

[讃岐富士のてっぺん...]

飯野山標高422mにちなんで、4月22日を讃岐富士の日と決め、山開き(里山まつり)を開催しています。この日は絶好の登山日和。山頂では、山伏がホラ貝を吹く中、威勢よく燃え上がる大護摩供養があり、登山者300名余りの無病息災、安全祈願を願い祈る・・・

[牡丹の花咲く、薬王...]

春のいいお天気に恵まれ、三豊の薬王寺「ぼたん祭り」に行って来ました。ちょうど見頃だったようで、境内にはピンク、白・・・

[石清尾八幡宮の市立...]

5月2日、石清尾八幡宮で行われる市立祭に行ってきました。神社からお旅所までの八幡通りは歩行者天国になっていて、中央に・・・

[恋松天神で縁結び。]

今日、市役所へ用事があり、帰りに中央公園に寄ってみました。ちょうど明日からフラワーフェスティバルだったようで、公園内には色とりどりの花がたくさん。モニュメントに寄り添うお花もきれいに整備されていました。近所に住んでいた時は、まだ木々・・・

[「まんでガンガン行...]

丸亀お城まつりで行われる「まんでガンガン大行進」の時代絵巻行列に主人が参加するので、見に行ってきました。9時過ぎに・・・

more! issue

爽快!

[牡丹桜を見に大麻山...]

大麻山の牡丹桜が満開だと聞き、登山をしてきました。期待の通り、見事な牡丹桜。花も大きくとてもきれいでした。日曜日であったためか、参拝客の他にも、登山客や写真撮影のフォトクラブの人たに、頂上はお花見客など、とても賑わっていました。牡丹桜・・・

[温水プールでリフレ...]

仏生山公園の奥少し高台にある、高松市立仏生山温水プール。温水プールなので、室内で一年中快適に泳げます。ガラス張りの・・・

[さわやかな香東川の...]

爽やかな風に誘われて今日も香東川へ。アオサギが緑に囲まれて何とも涼しそうに佇んでいます。近くにはコサギも水辺でのん・・・

おいしい春

[和三盆の春。]

高松の特産、和三盆。やさしい口どけと、ほんのりやわらかな甘さが特徴ですが、四季折々に変わるそのモチーフも楽しみのう・・・

[いちごの香りに包ま...]

先日、娘たちを連れて、香川の観光農園のひとつ、「森のいちご」さんへ行ってきました。体育館ぐらいあるビニールハウスにずらーっと並ぶ真っ赤なイチゴに大興奮!イチゴ好きにとってはまさにパラダイスでした。紙コップにためた食べたイチゴのヘタは、・・・

[ほろ苦い春の味。]

今日は朝からとってもいい天気で春の日差しをたっぷり浴びました。夕食の一品には、先日見つけた我が家の畑に生えていたつくしを使って、卵とじを作りました。つくしは、丁寧に何度も水を変えて洗います。はかまを丁寧に取り除き熱湯でゆで、水に30分程・・・

[甘いだけでは駄目]

そろそろ、ハッサクが出始めました。暖かくなると、このすっきりした酸っぱさの味がいいですね。何でも、甘いだけでは駄目・・・

[春の恵み、勢揃い。]

春になって、スーパーにも春の食材がたくさん並び始め、買い物に行くたびについつい値段をチェックしてしまいます。たらの・・・

more! issue

春の味、いろいろ

[タラの芽に春を感じ...]

春の山菜の王者といえば「タラの芽」。屋島の山道に、たらの木が何本かありました。幹には恐ろしいほどの棘(とげ)がたくさんあり、刺されるおそれがあるのでおいそれと幹に触ることができません。幹の先端に伸びる新芽(たらの芽)は、天ぷらにすると・・・

[竹の子づくし]

今が旬のたけのこで今夜は「竹の子づくし」!てんぷらに、竹の子ご飯、若竹汁。まさに旬の味わいです。若い頃はこのおいし・・・

[野菜の収穫と菜の...]

菜の花は次から次へと蕾を付けていて何時でも収穫できます。おひたしや天ぷらで頂きます。久しぶりに野菜塾の畑へ野菜の収穫に行ってきました。一番の目的はキャベツで、早速お昼に使いましたが甘くてやわらかでした。カリフラワーは新聞で見たレシピで・・・

[藤の花の天ぷら]

藤の花を描こうと山道から取ってきました。絵を描かずに、藤の花の天ぷらを作りました。てんぷら粉とちょっと塩を入れての・・・

春の瀬戸内

[滝宮天満宮の鷽かえ...]

毎年4月に滝宮天満宮にて行われる鷽かえ神事、行った事はありますか?木で作られたうそ鳥を「かえましょかえましょ」と歌い・・・

[岩田神社の孔雀藤]

飯田町にある岩田神社では、毎年4月〜5月初旬の間、樹齢800年と推定されている県の自然記念物の孔雀藤が楽しめます。長く垂れる花房は、最盛期の頃は1~2mにもなったのだとか。満開の藤の姿はとても見事です。ちょうど春祭のときに見ごろなので見に行・・・

[カフェ・ジャルダン...]

西植田のカフェ・ジャルダンでは、4月からGWにかけて、広いお庭に植えられた芝桜が見頃を迎え、一面の芝桜の中に描かれた・・・

[番の州公園のツツジ...]

今日は午後から晴れてきたので番の州公園へ。ツツジの花が色とりどりに咲いていました!ほんわか~とした色合いがステキで・・・

[霧の海に浮かぶ男木...]

今日の圧巻は、流れる霧の海に浮かぶ男木島。島と島の間の海上を滑るように流れる霧は、時には海面から20mをも越え、視界を奪われて立ち往生することも。霧の海では船は低速やStop engineで霧笛を鳴らしながら航海します。それぞれ違った音色で「オ~イ、・・・

more! issue

お花見スポット

[青ノ山のてっぺんで...]

飯野山のすぐ北側に位置する標高224.5mの小高い山、青ノ山。春になると、山頂一帯にはたくさんの桜が咲き誇り、多くのお・・・

[綾川に咲く一本桜]

綾川の山間の民家に植えられた高さ10mを超える大きな枝垂桜。この桜は、「堀池の枝垂桜」と呼ばれ、高松市内からもたくさんの見物客が訪れる有名な一本桜です。両手を伸ばしたように四方に垂れ下がるしだれ桜の風景は、一見の価値あり。道路沿いに植え・・・

[玉藻の春]

高松市民の憩いの場、玉藻公園でも春になると満開の桜が咲き誇り、春の高松を楽しむことができます。高松駅からすぐなので、駅に来たついでにふらっと寄れるのがいいですね。その昔、藩士の馬の教練をしたといわれている歴史ある「桜の馬場」は、ソメイ・・・

[カリンの里、満濃...]

カリンの里と云われる満濃町の満濃池森林公園に行ってきました。ちょうど桜が満開!広大な敷地に咲き誇る桜は圧巻でした。・・・

[桜越しに見る丸亀城...]

丸亀城では、春になると城内に約1000本のソメイヨシノが咲き誇り、「扇の勾配」と称される石垣は見事に桜で彩られます。毎・・・

サヌキノススメ4

[100年以上ずっと手...]

張子虎は参勤交代があった時代に仁尾港は上方への海運の拠点となっていて、その由縁で関西の張子技術が讃岐に伝わったとされています。今、讃岐で職人さんは2人。その中のお一人が明治30年創業、三宅人形店です。少し仕事を見せて頂きました。木製型に・・・

[伝統の技法を活かし...]

日本建築の間仕切りに用いられてきた障子。江戸末期になると、障子は格子自体に装飾が施されていきました。計算し尽くされ・・・

[知られざる丸亀う...]

丸亀うちわには、男竹丸柄うちわ(丸金渋うちわ)から女竹丸柄うちわへ、さらに平柄うちわへの発展という大きな3つの転機がありました。この丸亀うちわが産業として大きく発展した背景には、平柄うちわの拡大とそれを大量生産する機械の開発が背景にあり・・・

[やまくにさんの大羽...]

観音寺にあるやまくにさんの大羽いりこを使った美味しいダシのとりかたをご紹介します。まずはいりこのエラと血合いを取り除きます。このひと手間をかけるかかけないかで味が随分変わります。ちなみに、頭をとってエラ(内側にある黒い部分)をとったら・・・

[やまくにさんの大羽...]

水に浸け終わったら、強火にかけていきます。しばらくすると、鍋のフチが少しフツフツいいながらいりこが鍋を舞う、舞う!・・・