Spefial issue

[田植えの季節にどじ...]

香川県民なら食べたことないということはないと思いますが、しばらく食べたことないかもしれません。どじょううどんなら・・・

[伊吹島が日本一と言...]

中羽は6~8cmぐらいのものと定められているようですが、高田海産で見つけた兵田水産の中羽は他と比べると小振りでそろって・・・

[水量が増えないと現...]

水量が増えないと現れない、幻の滝「稚児の滝」!運良く見られてラッキーです。滝の上流にある四国霊場八十一番札所・白峯寺への途中に見ることができます。近くには四国唯一の天皇陵、崇徳天皇陵が控え、滝の源は寺の前の小さな流れ。陵のすぐ下を通・・・

Special issue

37の幸せ

[うどんにだって餡餅...]

お昼は、観音寺市に帰り、好物の「あんもち雑煮うどん」をいただきました。香ばしく焼かれた餡入りの丸もちがふっくらと煮干しのきいた出汁に浮かんでいます。おお、いい香り!餡餅がうどんに入っているというだけで香川県民以外はやはりどん引きでしょ・・・

[ちょっと見た目はコ...]

「いちもんじ」という浜に「カメノテ」を採りに行きました。形が亀の手に似ていてこの名がついたとされています。貝では・・・

[白と赤の可愛いフェ...]

高松港から女木島・男木島へ向かう、白と赤の可愛いフェリー「めおん2」の静かな出港。運航距離約10km
、高松〜女木島間、・・・

37の幸せ

[伊吹島が日本一と言...]

中羽は6~8cmぐらいのものと定められているようですが、高田海産で見つけた兵田水産の中羽は他と比べると小振りでそろって・・・

[そうめんなら「まさ...]

ちょうどお昼の12時20分ぐらいに行くと案の定お店の外まで順番待ちの列が。釜揚げそうめんイチオシのお店のはずですが、・・・

[こんな地元味がお土...]

袋を開けた瞬間、ふわーんと広がる香ばしくてあま~いしょうゆの香り。しょうゆあげせん「島の味」は醤油づくりの歴史あ・・・

[旧民家にお供えした...]

四国村では、旧民家の神棚などに円形に平たく丸めた鏡餅をお供えしていたものを、木づちなどで割った餅をぜんざいにして・・・

Special issue

37の幸せ

[これは見事!萬福寺...]

三豊市財田にある『藤寺』と呼ばれる萬福寺へ。満開の藤と出会うことができて最高です。びっしりと、そして約1m程もある房・・・

[50基余もの古墳が...]

浄願寺山の山頂、遊歩道のほとりには、50基余もの古墳があります。この一帯は「浄願寺山古墳群」と名付けられており、約14・・・

[美しい黄色のキセキ...]

2月のある日、本津川の支流、古川で。小さな石の上をあっちにこっちに飛び回
っているキセキレイを見つけました。胸からお・・・

37の幸せ

[推薦産業遺産に認定...]

ことでんオリジナル車両1000形120号、3000形300号
、5000形500号は、平成19年(2007)5月12日に産業考古学会の「推薦・・・

[さぬきの未来が見え...]

大久保諶之丞の生涯を郷土開発に尽くした彼の功績を知るには瀬戸大橋記念館へゴー!大久保氏への尊敬と愛情あふれる分かりやすい展示は圧巻です。嘉永2年(1849年)現在の三豊市財田町に生まれ、四国の発展に夢をいだいて、明治19年より私財を投じて四・・・

[初夏の風物詩 満濃...]

初夏の風物詩である「満濃池のゆる抜き」がに行われました。(2014年は6月15日に行なわれました)ゆる抜きとは、田植えを前に池のゆる(取水栓)を抜くという豊作祈願の儀式。神事の後、ゆるを抜くと約5分後に樋門から毎秒5トンの水が放流され2市3町3000・・・

Special issue

37の幸せ

[田植えの季節にどじ...]

香川県民なら食べたことないということはないと思いますが、しばらく食べたことないかもしれません。どじょううどんなら・・・

[まんばのけんちゃん]

万葉こと百花。これを知らない人は讃岐生まれでない、なんて言われるほど香川ではよく食べられているまんば。家庭菜園などでもよく作られているようです。食べ方は、豆腐や油揚げを入れて煮浸しにしたまんばのけんちゃんがお約束。冬場のお惣菜の・・・

[えび天といえば地元...]

観音寺に行ったらこの海老の長天ぷらが食べたくなります。瀬戸内海のひうち灘で取れた小海老(ジャコエビ)の頭を一匹一匹・・・

37の幸せ

[鹿が掘って湧き出た...]

太田下町、熊野大権現の北側に湧き出でる「鹿の井出水」。讃岐に大日照りがあった保安三年(1121)、居石神社の地に、この・・・

[復元された八栗寺旧...]

八栗ケーブル山麓駅左にある現在の遍路道の中腹辺りから「八栗寺旧へんろ道(
七曲り道)」が復元整備されており、どんな「・・・

[海沿いを走る、琴電...]

志度線は高松琴平電気鉄道(琴電)で海が見える、海のそばを走る唯一の路線。高松市の瓦町駅とさぬき市の志度駅を結んでいて、その駅間は20分間隔で運転されています。塩屋駅、房前駅あたりが最も海岸線に近く、志度湾を望む車窓にう
っとりワクワク、ま・・・

Special issue

37の好きな場所

[近代化産業遺産群の...]

パステルカラーのクラシックな駅舎が人気のことでんの屋島駅は、経済産業省が主催する「平成20年度 近代化産業遺産群 続33」に認定されています。「近代化産業遺産」とは、我が国産業の近代化を支えた建造物、機械等について、公募方式により、産業遺・・・

[仏生山のひまわり畑]

仏生山のひまわり畑に行ってきました。新市民病院移転地の反対側に広がる農耕地に、沢山の大きなひまわりが咲いていて、訪・・・

[お気に入りの景色]

今日の昼下がりにお気に入りの場所で、お気に入りの景色を! サンポートホール棟屋上広場8Fで瀬戸の海を眺め…。屋島にご挨・・・

[水量が増えないと現...]

水量が増えないと現れない、幻の滝「稚児の滝」!運良く見られてラッキーです。滝の上流にある四国霊場八十一番札所・白峯寺への途中に見ることができます。近くには四国唯一の天皇陵、崇徳天皇陵が控え、滝の源は寺の前の小さな流れ。陵のすぐ下を通・・・

[ふわっと香る海苔シ...]

実は香川で生産量全国上位を誇る海苔。瀬戸内海の恵みをうけて育った美味しい香川産の海苔を、庵治石で有名な庵治町で海苔シフォンとして食べれるのをご存知だろうか?瀬戸内海に面した海の町、庵治町で採れた海苔を贅沢にも庵治石製の石臼で挽き、香川・・・

[「銘菓 観音寺」の...]

観音寺に行くと必ず立ち寄るお店、白栄堂さん。ふわっとしたカステラ生地で黄身餡を挟んだ、洋菓子っぽい感じのお饅頭「銘・・・

珍景、37好み

[廃止の塩江温泉鉄道...]

「塩江温泉鉄道」は昭和4年(1929年)に、仏生山・塩江間の16.1キロメートルを運転時間40分で営業していた鉄道である。昭和16年に廃止されるまでガソリンカ
ーが運転され、当時は温泉客などで賑わっていたらしい。高松市香川町に残されている「伽羅土トン・・・

[盆栽の人]

丸亀町町営駐車場の花壇の片隅にこんな不思議なオブジェがあるのをご存知ですか?その名も「盆栽の人」。これは、香川・・・

[郷愁を誘う香り、樹]

さぬき市津田の松原には、伊勢で亡くなった日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の御霊が白鳥になって飛来したとの伝説がある「白鳥神社」があります。境内にはクスノキの大木が10本あり、樹齢約800年、高さ30メートルほどもある大クスノキが境内全体にゆ・・・

[鬼ヶ島の鬼たち]

女木島が鬼ヶ島と呼ばれる由来となったのが、女木島の鷲ヶ峰にある鬼ヶ島大洞窟。桃太郎伝説のあるこの大洞窟は、内部には鬼の大広間や居間、鬼番人の控室などが再現されています。
洞窟の中は夏でも涼しく、
訪れた日は30度を超える外の気温に比べて、洞・・・

[むかし屋島に駕籠を...]

屋島山上のボランティアガイド案内所前に、昔なつかしい記念撮影用の人を乗せて運ぶ駕籠の写真が掲げられた。屋島ケーブル・・・

Special issue

37に受け継ぐもの

[和菓子木型職人の市...]

高松市花園町の市原さんは和菓子木型製作の職人。(黄綬褒章受章者)和菓子の「木型」は、和三盆糖をいろんな形に整形して固める、という砂糖菓子作りの基本であり最も重要な作業を行うための道具です。木型作りは木に彫る絵の下書きをして、それをも・・・

[屋島で多く見られる...]

屋島では、一年中ほぼ一定の地域に住んでいる留鳥や
、春に日本にやってきてヒナを育てる夏鳥の仲間、秋に日本に来て冬を越す冬鳥等、季節により違った種類の鳥を見る事が出来ます。その中でも比較的見られる野鳥を一部ご紹介しましょう。留鳥…ウグイス・・・

37に受け継ぐもの

[「いただきさん」の...]

「いただきさん」にお願いしてカメラでパチリ!!初夏の頃の瀬戸内海名物、朝獲れの鰆。4kgの立派な鰆です。この後すぐ、この鰆は頭を落とされ、さばかれて…味噌漬け、お刺身、塩焼き煮付け、酢漬け等に!瀬戸内のサクラ鯛も。この時季に出回る天然の・・・

[宇多津の古代米、食...]

古代米のコロッケを知り合いから頂いたので知ったのですが、県内のいろいろなところで栽培が広がっているのに驚きました・・・

[昔から変わらぬ手仕...]

原則として毎週土日祝日、商工奨励館において、香川県の伝統工芸士による実演を行っています。実演の内容は時期により随時変わりますが、今回「志度桐下駄」をご紹介します。お話を聞かさせていただいたのは、さぬき志度の桐下駄専門店(有)山西商店の・・・

Special issue

栗林公園 一歩一景 春夏

[古色蒼然 歴史ある...]

栗林公園を北口から入り、群鴨池の南側に「北梅林」があります。訪れた人々は椅子に座って眺めたり、記念撮影をしたり思い・・・

[一斉に咲く花菖蒲 ...]

花菖蒲が美しい季節になりました。この日は、栗林公園の門前で出迎えてくれた美しい花菖蒲たちを愛しむかのように小雨がパラパラと降り注ぎいでいました。雨には菖蒲が良く似合います。 公園の北側には「花しょうぶ園」がありこの時期一斉に花を咲かせ、・・・

[栗林公園なのに、な...]

「栗林公園」という名前なのに、園内には栗の木がほとんど見当たらないなあと不思議に思いませんか?藩政時代「栗林荘」と・・・

[約300本の桜のトン...]

これぞ日本の春!栗林公園の4月は桜が満開です!園内には約300本もの桜があるそうで、咲き誇るその景色は壮観です。2017年は栗林公園の桜の標準木が開花したのが4月2日。4月に開花したのは5年ぶりで平年よりも5日遅かったようで、ようやく、という感じ・・・

栗林公園 一歩一景 秋冬

[秋の日に黄葉が眩し...]

11月も終わりになると栗林公園の大イチョウが見事な色合いになってきます。もみじの葉が赤くなるのを「
紅葉(こうよう)」・・・

[栗林公園の日暮亭]

各地より紅葉のニュースが盛んに聞こえてくるこの頃
、11月中旬、栗林公園の紅葉の具合を見に出かけてきました。南庭にある・・・

[栗林公園のななこ垣]

師走に入ると、栗林公園では造園課管理班がななこ垣の更新作業を行っています
。このななこ垣は園内に総延長1,200mも続く・・・

[お正月のあん餅雑煮...]

栗林公園ではお正月にあん餅雑煮が振る舞われるんです!1月2日、栗林公園の「
商工奨励館前」で、10時から「あん餅雑煮」が・・・