Spefial issue

[まちのデータを見え...]

その講座は「まちのデータ研究室」。香川大学創造工学部 創造工学科・米谷雄介助教授(専門:ソーシャルシステムデザイン・・・

[遊びながら森づくり...]

ドングリランドを知っていますか?高松市の西植田町にあり、面積31haもある広い森です。落葉広葉樹がほとんどで、とくにド・・・

[ぱりッ!うまッ!「...]

皆さんは“たません”をご存知ですか?善通寺町にある「お好み焼き楓ちゃん」は今日も地元の“たません”ファンで賑わいます。“たません”とは、巨大えびせんべいの上に崩した目玉焼きが乗っかって、それをマヨネーズとソースで食べるという物。これが、ぱりッ・・・

[高瀬茶で知られる茶...]

三豊市高瀬町は高瀬茶の生産で知られる茶処。「良心市たかせ」は地元密着の産直市です。今年の4月に新店舗に移転オープンし・・・

Special issue

まちのデータ研究室

[まちのデータを見え...]

その講座は「まちのデータ研究室」。香川大学創造工学部 創造工学科・米谷雄介助教授(専門:ソーシャルシステムデザイン・・・

[まちのデータを見え...]

研究員は募集依頼すぐに定員御礼。開発に経験のある技術者だけでなく、クリエイターや非エンジニアの全く違った分野の人々も積極的に募集し、異分野で交流することで違った視点やアイデアを創造することも研究室の目的のひとつです。「まちのデータ研究・・・

[まちのデータを見え...]

今回最も大切なポイントは
、「データ」と「情報」の違い。オープンデータの状態はまだデータであって、データとデータを組み合わせることにより、役に立つものになって初めて「情報
」になるということ。この組み合わせによって、情報は全く違うものにな・・・

[まちのデータを見え...]

コースはハンズオン、カスタマイズ、デザインの3ステップで構成されていて、開発初心者でも学べる工夫がなされています。次回の研究は、「データの関連性を探ろう(地域比較)」。瀬戸内海に面し津波の影響が少ないだけでなく、年間降水量も少ない香川・・・

まちのデータ研究室

[技術者とユーザーが...]

講師の香川大学創造工学部 創造工学科・助教 米谷雄介氏に今回の講座や、研究についてお話をお伺いしました。開発の分野では、技術者は技術が好きで、極めると確かに素晴らしいものができるのですが、それは本当にユーザーが求めているものか?というもの・・・

[「まちのデータ研究...]

「まちのデータ研究室」は
、このアプリ開発講座のための講座名なのですが、大学を飛び出してオープンな場で、ひとつの専門・・・

[データを活用するこ...]

助教 米谷氏は、大学で創造工学部で教鞭を取られていらっしゃるのですが、法学部の学生さんに情報リテラシーの講義もされていて、今回法学部の学生さんが興味を持たれ参加されました
。法とデータ活用とは?「
今までは法律というのは人の経験と、論理に基・・・

[データの組み合せ次...]

今回の講義で大変興味深い点は、データの組み合わせ
。「データとデータの組み合わせで、ほんと全く違った情報になりますよね。」例えば今日の講義で扱った体育館とAEDの位置情報を組み合わせると、どんな人にとって便利なのだろう、では道の駅とAEDの・・・

[「まちのデータ研究...]

今回の講座は経験のない人もできるようになる、という初級編。「来年度も継続する予定で、講座に参加したらいつのまにかサービスができた!というところまで持っていきたいですね。講座で生まれたアプリもどんどんバージョンアップされていったり、そん・・・

Special issue

すごい三豊!

[三豊の絶景スポット...]

「父母ヶ浜」の絶景フォトを撮影するには、3つの条件があります。1、干潮と日の入り時刻が重なる時、2、砂浜にできる潮だまり・・・

[高瀬茶で知られる茶...]

三豊市高瀬町は高瀬茶の生産で知られる茶処。「良心市たかせ」は地元密着の産直市です。今年の4月に新店舗に移転オープンし・・・

[財田のご当地アイス...]

三豊市財田町の道の駅「たからだの里さいた」は、いつ行っても大勢のお客さんで賑わう人気の道の駅。広
々とした農産物直売所「さぬきたからだ市」には地元の農家さんから届いた新鮮な旬の農産物がずらり!今日はどれにしようか、お気に入りの農家さんの・・・

[荘内半島に美しく広...]

私にとっては三豊市は身近でありながら少し遠く感じる所。今日は友人と小旅行気分で、三豊市詫間、瀬戸内海に突き出す荘内半島にあるフラワーパーク浦島へ
。一度は行きたいと思っていた場所です。4月に訪れた時は広大な土地に広がるキンセンカが見事で、・・・

[これは見事!萬福寺...]

三豊市財田にある『藤寺』と呼ばれる萬福寺へ。満開の藤と出会うことができて最高です。びっしりと、そして約1m程もある房・・・

美しい三豊!

[美しい名の恵美山]

三豊市財田町財田中の恵美山は、標高212m。なんと美しい名前の山でしょうか
。香川県にこのような名前の山があるとは。無理やり命名した美女山よりは遥かに良い名前ではありませんか。しかし、その名前とはいえ訪れる人の無さはいかばかりか。山頂からの・・

[轟の滝がある、轟山]

三豊市財田町財田上にあります。標高569m。財田町誌に記載されている地図に町の東方でJR財田駅から南に歩き徳島県境に向・・・

[偶然に見つけた三角...]

地形図で恵美山の三角点名を調査中、偶然に見つけた三角点、蟻ノ山。標高208mの小さな山です。恵美山から南にあり、財田・・・

[七尾山は独自調査中...]

新修財田町誌に依れば財田上と財田中地区の境をなす七尾山。これに続く通称、城山の山頂に、との記述があります。また、・・・

Special issue

未来に向かって、変わりゆく「今」

[相引川に架かる学校橋]

昔、屋島中学校に通う生徒のために作られたという、相引川に幅の狭い「学校橋
」がありました。平成28年(2016)、「屋島レ・・・

[建設中の屋島レクザ...]

屋島レクザムフィールドが平成29年(2017)2月の完成を目指して工事が進められている、その1年前当時の様子。南側や北側等・・・

[ありがとう、そして...]

屋島ドライブウェイの無料化に伴って、今年、ついに料金所が解体。工事用パネルに覆われた現場では旧料金所がすっかり無くなっていた。そばにいた警備員の方に伺うと、2~3日前に撤去されたといい、知らぬ間に姿が消えていました。琴電瓦町駅のコンコー・・・

[栗林公園「旧日暮亭...]

栗林公園「旧日暮亭」が今年平成30年(2018)11月22日までの予定で保存修理工事が行われており、工事用幕に覆われています・・・

未来に向かって、変わりゆく「今」

[早朝の峰山トンネル]

朝早く、今月初めに開通した峰山トンネルを歩きました。上の写真は、トンネルを東から西に出たところです。反対に、西から・・・

[屋島総合病院の新病院]

屋島もここ数年、あちこちで建物が建設中で時の移ろいを感じます。散歩がてら新川の下流にある地域に来ると、新しい屋島病・・・

[高松市民文化センタ...]

高松市松島町にあった高松市文化センターは、本館と別館があって、本館には開館当初からプラネタリウムがあり、画期的な施設でとても人気があったのを覚えています。別館は体育館となっており、いろいろなイベントが行われ、昔は子ども連れでたびたび訪・・・

[高松市民文化センタ...]

平成24年(2012)、平成24年3月11日(日)に高松市松島町の高松市文化センターにある「高松市松島図書館」が閉館し、今、・・・

Special issue

おいしくてにっこり

[うどんの日、今年も...]

香川県には暦の夏至から11日目となる「半夏生」に農家が田植えを手伝ってくれた人達にお礼として「うどん」を振る舞う風習があると言います。本日7月2日、高松三越前のライオン像の南側で、1000人に「うどん」が振る舞われると聞いてやってきました。・・・

[食べた後も楽しい!...]

7月2日「うどんの日」恒例の、高松三越前で行われていた「うどんの振舞い」の列に並びました。タコ、ネギ、スダチが乗った・・・

[駄菓子屋さんの面影...]

駄菓子屋さんだった古民家を店主ご自身が改装した、なんともレトロでかわいいお店、Benの台所。コンセプトは「下町食堂 ち・・・

[ぱりッ!うまッ!「...]

皆さんは“たません”をご存知ですか?善通寺町にある「お好み焼き楓ちゃん」は今日も地元の“たません”ファンで賑わいます。“たません”とは、巨大えびせんべいの上に崩した目玉焼きが乗っかって、それをマヨネーズとソースで食べるという物。これが、ぱりッ・・・

ぼくらの未来

[夢いっぱい!ぼくた...]

屋島を訪れる観光客が激減していることを知った屋島小学校5年生が、平成29年(2017)11月に企画した「屋島おもてなしガイドツアー」。その後、ガイドツアーの参加者に「ぼくの夢
 私の夢 屋島の夢 ~屋島おもてなしガイドツアーの歩み~」が送られ・・・

[僕の夢、私の夢、屋...]

屋島小学校の児童たち、こんな屋島にしたいな〜という思いから「屋島未来予想図」を考えました。今は自転車では行けず、歩・・・

[ぼくらが作る!屋島...]

屋島小学校5年生が案内する「屋島おもてなしガイドツアー」では、展望台から「瓦投げ」に挑戦したり、山上では小学生全員による「屋島賛歌」の清らかな歌声を披露いただいたり。最後には屋島小学校公認キャラクターの「屋島くん」の手作りマスコットの・・・

[未来を乗せて、瀬戸...]

平成30年(2018)4月、瀬戸大橋は開通30周年を迎えました。瀬戸大橋は、日本で最初に国立公園に指定された瀬戸内海の多島海の真ん中を通る、道路と鉄道の併用ルートです。以前は連絡船で1時間かかっていた四国~本州も、瀬戸大橋が開通したことにより、・・・

Special issue

市街地に近いみどり

[何時ものように]

秋の気配が漂う里山付近は実りの秋、あちらこちらで収穫間近です。稲穂の田んぼはどこまでも広がります
。無残にも、一筋の・・・

[頂上付近はまさに絶...]

高松市にそびえる、勝賀山(かつがやま)。標高364m。中世に香川郡などを支配した香西氏が築城した勝賀城跡があります。・・・

[高松を一望できる堂...]

堂山(どうやま)ってどこから登るかご存知ですか?琴電岡本駅下車から徒歩約30分で登山口に到着。標高は302m。堂山登山道ハイキングコースにある展望台からは、高松の街並みがほぼ360度で一望できます。ここで、かぼちゃの種などを手に乗せてしばらく待・・・

[森林浴するならぜひ...]

栗林公園の背景となる紫雲山の西側に、石清尾山が見られます。周辺には石清尾山古墳群があり、国指定の史跡となっています。山頂付近の峰山公園は、サクラやツツジの名所として人気です。かわいい遊園地もあり、子どもを連れてのハイキングを楽しめそう・・・

田園地帯のみどり

[別名「讃岐富士」ハ...]

なだらかな裾野が美しい飯野山(いいのやま)。標高422m。「讃岐富士」と呼ばれ、片道約1時間で登れる事から気軽にハイキン・・・

[アウトドア好きも大...]

高松市南部に位置する公渕森林公園(きんぶちしんりんこうえん)は、緑豊かな公園で人々の憩いの場となっています。園内には公渕池、城池などの大小のため池や城山、二子山などの山々が点在し、里山の自然環境を活かした自然教育の場に。また、芝生広・・・

[水と緑が調和する花...]

さぬき市は長尾にある亀鶴(きかく)公園は、東讃地域を代表する花の名所となっています。公園内には、その姿が飛ぶ鶴に例えられた「鶴が山」があり、隣接する宮池には亀島が浮かびます。長さ約300mある島へと渡る道は、桜並木になっておりサクラを楽・・・

[おむすび型の三木町...]

「東讃富士」と呼ばれ三木町のシンボルとして地元の人々に親しまれている「白山(しらやま)」。標高は203mで、おむすびの・・・

[遊びながら森づくり...]

ドングリランドを知っていますか?高松市の西植田町にあり、面積31haもある広い森です。落葉広葉樹がほとんどで、とくにド・・・

Special issue

瑞々しい夏の色

[今年もやって来た!...]

アオバズクは、丸い頭と金色の大きな目をした中形のフクロウ科の鳥。夏鳥として渡来し、平地から山地の森林で見られ、「ホッホ、ホッホ」と二声ずつ区切って鳴くのが特徴的です。 梅雨の合間の栗林公園。アオバズクは保護色(擬態)のため、探すのが容易・・・

[鈴なりのウメの実]

栗林公園では毎年2月に梅まつりが行われます。たくさんのウメの花を楽しませてくれたウメの木。南梅園にはまだたくさんの実が鈴なりになっています。少し赤みを帯びて美味しそうになってきたウメの実ですが、生で食する事はなく、収穫後は梅酒に加工され・・・

[薬草園でも大活躍!...

栗林公園は江戸時代初期の回遊式大名庭園であり、当時から薬園(薬草園、現在でいえば農業試験場に近いもの)がありました・・・

[約300本の桜のトン...]

これぞ日本の春!栗林公園の4月は桜が満開です!園内には約300本もの桜があるそうで、咲き誇るその景色は壮観です。2017年は栗林公園の桜の標準木が開花したのが4月2日。4月に開花したのは5年ぶりで平年よりも5日遅かったようで、ようやく、という感じ・・・

栗林、秋を先取り

[変わりつつある栗林...]

400年近い歴史を有する栗林公園も、長い時を経て変わりつつある部分も沢山あります。南湖の岸に植えられたモミジの木、以前は香川県のモミジの「紅葉前線標準木」でしたが、平成29年(2017)より新たに北庭にあるモミジが標準木となりました。高松地方・・・

[モミジ美しき栗林公園]

秋の栗林公園は、どこを歩いても美しく、見事な紅葉にうっとりしますね。ここで、モミジの木を中心に、名所をご紹介してみ・・・

[撮影スポット満載!...]

秋の園内。水面に紅葉の色彩写る蓮池では、なお色とりどりの大きな鯉が優雅に泳いでいます。この季節、至る所に咲くツワブキの黄色と、色づいたモミジの赤色が美しいコントラストを見せてくれます。また夕方には、掬月亭の雨戸が開いて、秋風にさらさら・・・