記事詳細

梅雨の合間に輝く青葉

擬態で見つけるのが難しい

今年もやって来た!アオバズク

アオバズクは、丸い頭と金色の大きな目をした中形のフクロウ科の鳥。夏鳥として渡来し、平地から山地の森林で見られ、「ホッホ、ホッホ」と二声ずつ区切って鳴くのが特徴的です。

梅雨の合間の栗林公園。アオバズクは保護色(擬態)のため、探すのが容易ではありませんが静かに耳を傾け、目を凝らしてみると…。今年もやって来てくれました!青葉が熟する時期に現れることから“アオバズク”。まもなく雛を産み、秋になる前には親子で南へ渡っていくそうです。栗林公園での短い滞在期間、かわいい雛の姿も見られるといいですね!

記事No.00976

栗林公園
香川県高松市栗林町1-20-16
TEL 087-833-7411
開園日 年中無休
開園時間 日の出から日没まで

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ