記事詳細

木の階段が山頂まで続く

かつて航空灯台があった山頂

天然のクーラー!風穴のある「高鉢山」

綾川町にある「高鉢山」。標高は512mあり、綾上丘陵地帯では最も高い山です。山頂には、かつて航空灯台があり地域のランドマークとなっていました。キャンプ場がある辺りを過ぎると、木で作られた階段が山頂まで続いています。山の標高にちなんで512段あるんだとか。

そして、高鉢山と言えば香川県で唯一「風穴」のある山。山の中腹に位置しており、近くまで車で行けるので、大勢の見物客が訪れます。中は真夏でも10℃から12℃の温度に保たれていて、かつてはウド、ミカン、豆などの農産物の貯蔵所として利用されていました。今でも夏に風穴に入ると、その涼しさは健在。天然のクーラーを、ぜひ体感してみて!

記事No.00975

高鉢山
香川県綾歌郡綾川町西分

高鉢山キャンプ場

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ