記事詳細

新しいモミジの標準木と銀杏

募金により多くの鯉が放流

変わりつつある栗林公園の「今」

400年近い歴史を有する栗林公園も、長い時を経て変わりつつある部分も沢山あります。

南湖の岸に植えられたモミジの木、以前は香川県のモミジの「紅葉前線標準木」でしたが、平成29年(2017)より新たに北庭にあるモミジが標準木となりました。高松地方気象台により毎年、紅葉の時期と落葉の時期が観測されており、平年では紅葉が11月18日、落葉が12月2日となっているそう。

そして、吹上亭前の鯉。昔に比べ鯉が少なくなり、昨年は栗林公園にぎわいづくり委員会が取り組んだクラウドファンディングによる資金を元にニシキゴイを放流。少しずつ数を増やしているそうです。

記事No.00964

栗林公園
香川県高松市栗林町1-20-16
TEL 087-833-7411
開園日 年中無休
開園時間 日の出から日没まで

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ