記事詳細

夏に咲くサネカズラの雄花

木陰で紫の花を咲かすヤブラン

薬草園でも大活躍!平賀源内

栗林公園は江戸時代初期の回遊式大名庭園であり、当時から薬園(薬草園、現在でいえば農業試験場に近いもの)がありました。
博物学に強い関心を持っていた讃岐高松藩第5代藩主・松平頼恭(まつだいらよりたか)により設置された薬園。エレキテルで知られる「平賀源内」はその賴恭に起用され、薬園で働くようになったと考えられています。それ以前の源内は、父親の跡を継いで志度にあった藩の蔵の番をする仕事をしていたということですが、この薬園で働くようになったのをきっかけとして、現代人も驚くほどのマルチ人間ぶりを発揮するようになったそうです。

記事No.00961

栗林公園
香川県高松市栗林町1-20-16
TEL 087-833-7411
開園日 年中無休
開園時間 日の出から日没まで

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ