記事詳細

飛来峰に登る坂の途中

吹上を眺めながら鶏林石へ

不思議な形をした大きな石、「鶏林石」

栗林公園をゆっくりと見て回り、南庭の吹上亭の方から飛来峰に登る坂の途中に、不思議な形をした大きな石の「鶏林石(けいりんせき)」が据えられています。江戸時代、庭園を営む諸侯のあいだで、お互いに銘木奇石を寄贈しあったそうで、この鶏林石は、高松藩主が薩摩藩主の島津公からいただいたものと伝えられています。石は朝鮮産の細粒花崗岩で、韓国には鶏林という場所(史跡)があるそうですので、名前の由来は、このあたりにあるのでしょうか?

記事No.00865

栗林公園
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
TEL 087-833-7411
(栗林公園観光事務所)

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ