記事詳細

金色が美しいスイレン

エサに群がるコイたち

初夏の群鴨池

栗林公園の東門から北へ向かうと、江戸時代にカモ猟が行われていたという「群鴨池」があり、その南部の浅瀬には数千株の「花しょうぶ」が植えられている「花しょうぶ園」がある。紫色と白色が多かったように思えたが、137種、約3750株が植えられているという。また、商工奨励館西にある石梁南側に、金色に見えるスイレンが咲いていた。白やピンクの花もあったが、金色の花は珍しいのでないかと思う。南湖に架かる「偃月橋」の上では、職員さんがコイのエサを撒いていて、コイが水面に浮かんで集まり食べていた。

記事No.00860

栗林公園
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
TEL 087-833-7411
(栗林公園観光事務所)

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ