記事詳細

凛とした花蓮のつぼみ

トンボも美しさに魅かれて

あまりにも美しい、芙蓉沼の花蓮の賑わい

栗林公園の北庭「芙蓉沼(ふようしょう)」に咲く花蓮、7月が見頃です。なんて美しい…。しばしうっとり眺めています。芙蓉はハスの別名でもあります。ジョウロのようなものは花托(かたく)と呼ばれ(写真上)、ジョウロの先端の穴のように見えるのが雌しべで、周囲の長い紐のようなものが雄しべだそうです。ハスには観賞用と食用があり、観賞用のものは花蓮(はなはす)と呼ばれます。公園の芙蓉沼の蓮は花蓮で、池の底打ち工事が行われた昭和44年に植え替えられたものが長年の間に現在のように広がったものです。

記事No.00854

栗林公園
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
TEL 087-833-7411
(栗林公園観光事務所)

栗林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ