記事詳細

基礎だけが残る竜王社

かつての相撲場

忘れられた里山

坂出市府中町にある里山、丸山。標高123mの山頂の三角点名が丸山となっています。登山道は旧綾南町との境界にあり、早速歩いてみました。昔は山頂に土俵場があったそうですが、現在では山の南側に移設されています。山頂に竜王社が祀られていたようですがこれも移設され、現在では基礎部分だけがひっそりと残っています。
地元の府中町の方には山名はあまり認識されていないようですが、相撲場は綾南町の方が良くご存知かもしれません。 ここも忘れられた里山です。

記事No.00844

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ