記事詳細

遊歩道も歩きやすい

浄願寺山頂上へ、あと800m

50基余もの古墳が集まる!浄願寺山古墳群

浄願寺山の山頂、遊歩道のほとりには、50基余もの古墳があります。この一帯は「浄願寺山古墳群」と名付けられており、約1400年前に造られたこと、その全てが円墳で横穴式石室を持つこと、石室の入り口の向きが揃っていること等が分かっています。一箇所に、これほどの古墳が集中して見つかっている遺跡は、県下では他に確認されておらず、一定の時期に築かれたものと考えられ、非常に重要な遺跡であるそうです。
遊歩道もあり歩きやすく、数か所の古墳を見学できるように整備されています。

記事No.00831

浄願寺山
香川県高松市西春日町



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ