記事詳細

巨石が積み上げられている

現地看板に詳細あり

平地に存在!御厩町佐古地区の大塚古墳

高松市御厩町“小比賀家住宅”の近くに大塚古墳が所在します。「横穴式石室」を主体部とする盛土古墳。幾度か壊されており元の形や規模が分かりにくくなっていますが、平地に単独で存在し主体部が巨石積みによる全長約5メートルの横穴式石室を採用していることから、古墳時代後期(紀元6~7世紀)頃、当時の豪族か地域の有力者の墓であったと考えられています。
古墳から歴史を感じるのも、また楽しいものです。

記事No.00812

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ