記事詳細

樋笠幸三氏の迫力ある書

蝋燭の灯りに照らされて

終戦記念日に平和と鎮魂の祈り「万灯夏まつり」

香川県善通寺市文京町の讃岐宮県護国神社にて「万灯夏まつり」は終戦記念日に合わせて毎年開かれている平和と鎮魂の祈りを捧げるまつり。大勢の人たちが戦争でなくなった御霊に祈る。2012年はイベントとして善通寺の竜神太鼓、倉敷の天領太鼓など力強く迫力のある音が轟き、境内では「文化の集い」と題して樋笠幸三展があった。暗くなった境内には「墨に舞う」と題して、ろうそくの灯りに照らされた迫力ある書で、幽玄の世界を醸し出していた。
いつまでも太鼓の音と迫力のある書が境内の森に余韻を残していた・・。

記事No.00073

讃岐宮社務所
香川県善通寺市文京町4丁目5-5 ‎
TEL 0877-62-0048



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ