記事詳細

量り売りは100gから

ひょうたんの屋号が目印

伊吹島が日本一と言われる理由

中羽は6〜8cmぐらいのものと定められているようですが、高田海産で見つけた兵田水産の中羽は他と比べると小振りでそろっていて塩分が控えめな印象、上品な味。汁物によさそうです。瀬戸内海に浮かぶ小さな島で江戸時代末期にはすでに「いりこ」が誕生していました。
いりこで伊吹島産が日本一と言われる所以は「一貫生産」。漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産できるというのが最大の特徴で、鮮度の良さが伊吹島産のいりこの品質を支えています。伊吹いりこの基準も伊吹漁協が取り扱うものをいい、大羽、中羽、小羽、かえりという銘柄があります。

記事No.00069

高田海産株式会社
観音寺市観音寺町甲2591-1
TEL 0875-25-2863
営業時間:8:00~17:00
休:日曜・祝日(盆・正月)



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ