記事詳細

見やすく情熱的な展示

琴平公園頂上にある銅像

さぬきの未来が見えていた、大久保諶之丞

大久保諶之丞の生涯を郷土開発に尽くした彼の功績を知るには瀬戸大橋記念館へゴー!大久保氏への尊敬と愛情あふれる分かりやすい展示は圧巻です。嘉永2年(1849年)現在の三豊市財田町に生まれ、四国の発展に夢をいだいて、明治19年より私財を投じて四国新道(国道32号線)の難工事を成し遂げたり、多度津~琴平間に鉄道を開通、さらに本州と四国と橋をかける構想(現瀬戸大橋)の構想はなんと大久保諶之丞が提唱しているのです!氏はこう残しています。「笑わしゃんすな百年先は 財田の山から川舟出して 月の世界へ往来する」氏の壮大なスケールと先見性が表現されています。

記事No.00670

瀬戸大橋記念館
香川県坂出市番の州緑町6-13
TEL 0877-45-2344
休館日 毎週月曜日
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入場料・観覧料 無料

瀬戸大橋記念館

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ