記事詳細

城壁の上から望む

オープン記念パネル展

屋嶋城跡城門遺構オープン!

かって「幻の城」と呼ばれていた屋嶋城(やしまのき)は、平成10年の石積みの発見が契機となり発掘調査が始まりました。そして平成14年に城門が見つかったことで、「日本書紀」にも登場する屋嶋城が実在する城であることが証明されました。ここにある城壁は、2008年から修復工事が始まり、約8年の歳月をかけて2015年6月、約1350年ぶりに往時の姿を現しました。2016年3月19日(土)に「屋嶋城跡」の復元完成の記念式典があり「屋嶋城跡城門遺構オープン記念パネル展」では古代山城屋嶋城の調査と、その城門復元に向けた取り組みの軌跡を紹介していました。

記事No.00658

古代山城屋嶋城
香川県高松市屋島東町屋島山上
TEL 087-823-2714
(高松市埋蔵文化財センター、平日の8:30~17:15)

高松市公式ホームページ
屋島ナビ

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ