記事詳細

昭和30年から続く恒例の儀式

轟音に見物客の歓声が上がる

初夏の風物詩 満濃池のゆる抜き

初夏の風物詩である「満濃池のゆる抜き」が行われました。(2014年は6月15日に行なわれました)ゆる抜きとは、田植えを前に池のゆる(取水栓)を抜くという豊作祈願の儀式。神事の後、ゆるを抜くと約5分後に樋門から毎秒5トンの水が放流され2市3町3000ヘクタールの田畑を潤します。
その「ドーッ」という轟音と勢いよく放水される様はまさに圧巻。豊作を祈る人々の心に響き渡ります。満濃池のゆる抜きの放水音と堤防下のせせらぎは、日本の音風景100に選定されています。
このゆる抜きにより、中讃地区は田植えシーズン本番を迎えます。

記事No.00592

満濃池
香川県仲多度郡まんのう町神野

満濃池森林公園

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ