記事詳細

スープに入れても良し

男木島・こんな岩場にいそう

ちょっと見た目はコワいけどおいしい、カメノテ採り

「いちもんじ」という浜に「カメノテ」を採りに行きました。形が亀の手に似ていてこの名がついたとされています。貝ではなく節足動物の仲間。個体の上半分は石灰質の硬い殻、下半分はうろこ状の皮で覆われています。岩の割れ目やすき間など至る所に固着して生息していていて、瀬戸内海の岩場に行けば生えるようにいますよ。男木島に行った時も、灯台の近くの大きな岩にもたくさん引っ付いていました。柄の長いマイナスドライバーのようなもので根元から採ってみましたがなかなかこれが大変。みそ汁のダシにしたり、今回は塩ゆでにして食べましたが、香川県以外はどうやって食べるのだろうか。見た目は少しグロテスクですが、なかなか乙な味です。

記事No.00054

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ