記事詳細

馬鍬を使うのも一苦労

砂を集める沼井

昔ながらの塩づくりを体験

6 かつて日本一の塩の町といわれた宇多津町の臨海公園内にある「うたづ海ホタル」では、昔ながらの入浜式による塩づくり体験ができます。体験では、まず大きなひしゃくを使って海水を砂にかけ、砂の濃度を上げます。そして、それを集めて沼井(ぬい)という枠に入れさらに濃度をあげ、またその砂を拡げて天日に干し、海水をかけます。その作業を何度か繰り返し、釜で煮詰めたら完成!根気のいる重労働ですが、貴重な復元塩田で昔ながらの塩づくりを体験してみては?

記事No.00487

うたづ海ホタル(宇多津産業資料館)
香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
TEL 0877-49-0860
営業時間 9:00-21:00
休 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

復元塩田・うたづ海ホタル

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ