記事詳細

木型を彫る彫刻刀

市原さん宅和菓子作りの講習会

和菓子木型職人の市原さん

高松市花園町の市原さんは和菓子木型製作の職人。(黄綬褒章受章者)
和菓子の「木型」は、和三盆糖をいろんな形に整形して固める、という砂糖菓子作りの基本であり最も重要な作業を行うための道具です。
木型作りは木に彫る絵の下書きをして、それをもとに彫刻刀で丁寧に彫り上げていく、といった作業ですが、少し彫刻刀の軌道がずれてしまったり、溝が深くなってしまったりすると、バランスが崩れたり、形が不自然になったりと、修正が難しくなってしまいます。
 それを防ぐために丁寧な下書きをしたり、集中して細かい作業をしたりしていく、という当たり前で、それでいてとても大切なことを重ねていく必要があります。

記事No.00045

香川県高松市花園町1丁目7番30号
電話 (087)831-3712
FAX (087)831-2727
伝統工芸士 市原 吉博

木型工房(有)市原
豆花

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ