記事詳細

漆器のような細工

女性なら一つは持っておきたい

昔から変わらぬ手仕事、志度の美しい桐下駄

原則として毎週土日祝日、商工奨励館において、香川県の伝統工芸士による実演を行っています。実演の内容は時期により随時変わりますが、今回「志度桐下駄」をご紹介します。お話を聞かさせていただいたのは、さぬき志度の桐下駄専門店(有)山西商店の奥様、山西真由美(やまにしまゆみ)さんです。高松から東に約15㎞の位置にある志度町(現さぬき市)で明治40年に生産され始め、現在では全国の1/3のシェアを誇りますが、桐下駄専門店は2軒しかないとのこと。桐下駄の特徴は、軽くて吸収性や通気性、保温性に優れ健康に良いところだそう。左右対称の下駄を長く気持ち良く履くコツは、履くたびに左右の下駄を交換することだそうです。

記事No.00041

店名:有限会社山西商店
住所:香川県さぬき市志度5382番地33
TEL&FAX:087-894-0306



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ