記事詳細

看板には砂絵のいわれが。

巨大な「寛永通宝」の文字。

銭形砂絵で金運アップ?

有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」の銭形砂絵は、東西122m南北90m周囲345mもある巨大な砂絵で、琴弾山々頂から見るときれいな円形に見えます。この銭形は、寛永10年(1633年)、讃岐領主生駒高俊公領内巡視の折、地元民が領主歓迎の目的で一夜にして造ったと伝えられています。この砂絵を見ると、健康で長生きでき、お金に不自由しなくなると言われており、一度は見ておきたい珍スポットです。

記事No.00404

琴弾公園
香川県観音寺市有明町



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ