記事詳細

甘栗にたこ焼き、他にも色々

橋の近くにある流れ灌頂地蔵。

春日川の川市

100年以上前から続いているという春日川の川市。毎年100を超える露店が春日川橋のたもとの河川敷にずらりと並び、子供達や大勢の家族連れで賑わいます。その昔、春日川の土手で遊んでいた子供が牛骨を拾い供養したところ、その晩夢に牛が現れ成仏できたと喜んだそうです。その話を高松・清光寺の住職に話したところ、流れ灌頂をするよう言われ、その後毎年流れ灌頂をするようになったのが春日市の始まりだとか。子供のころから楽しみにしていた川市も、こんないわれがあったのですね。

記事No.00267

春日川の川市
香川県高松市 春日川河川敷
開催期間 5月18日(木太地区)、5月20日(川添地区)、5月25日(川島地区毎)



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ