記事詳細

山獲り猪も調理しやすく加工

うどん玉は日常の必需品

作った人のすぐ近くで手に入る、これ幸せなり。

食品を手に取る者にとっては近くで作られているものを食べる、生産者にとっては食べる人の近くで作る、というのが地産地消という言葉の意味だと思いますが、たからだの里の野菜や果物、加工品など、並んでいるものを手に取ると、三豊市財田町ではどんなものが作られていて、今何が旬なのか、それがよく分かります。夏の季節は財田川の清水で育ったみずみずしい甘い桃が一番人気。そして、三豊市特産のなすもたくさん出ています。加工品でバカ売れはにんにく味噌。手前味噌ですが、本当においしいです。季節ごとにイベントもあって、たからだは「季節のおいしさ」を再確認できる貴重な場所です。

記事No.00175

たからだの里「物産館」
香川県三豊市財田町財田上180番地6
TEL 0875-67-3883
営業時間:
休:毎週月(月が祝の場合は、翌火)

たからだの里
三豊市ホームページ たからだの里「物産館」

[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ