記事詳細

峰山から見た県庁

香川県営住宅一宮団地

急にアート県になった訳ではありません。

香川県が急にアート県になった訳ではありません。人の心を豊かにするためにと、芸術を愛した金子正則・元香川県知事は世界に誇れる建造物を数多く残しました。それを受け入れる讃岐人の感受性は瀬戸内の自然と、受け継がれてきた伝統工芸やものづくりの文化の中で育まれてきたのではないでしょうか。戦後日本のモダン建築を代表する香川県庁は丹下健三の設計。コンクリートですが、五重塔とか日本の木造建築の伝統美を感じさせます。香川県庁新館は映画「県庁の星」のロケに使われました。丹下健三は今年で生誕100周年、県内では記念の展覧会など氏の仕事と香川県の美について考える機会が沢山あります。

記事No.00116

香川県庁
香川県高松市番町四丁目1番10号
TEL 087-831-1111(代表)



[ もっと見る ]コメント

    現在この記事へのコメントはありません。
37ログイン
  • ※100文字以内

この記事と同じテーマの他の記事

[ もっと見る ]タグ