Spefial issue

[推薦産業遺産に認定...]

ことでんオリジナル車両1000形120号、3000形300号
、5000形500号は、平成19年(2007)5月12日に産業考古学会の「推薦・・・

[綾歌の祖先に思いを...]

綾歌町には、 私たちの祖先が早くから定住し、生活を営んでいた住居跡や古墳群など多くの遺跡が残されています。その霊を祀る社として、綾歌神社が建立されました。ここに古墳があり石塚山古墳群と呼ばれています。社の前の広場には石棺が据えられており・・・

[中央公園に菊池寛氏...]

中央公園南東にある「菊池寛」氏の銅像。氏の生家に近く、昔遊んだであろう公園南東に建立されたもの。文豪・菊池寛は明治・・・

[石の里のアーティス...]

「高松市石の民俗資料館」で開催される、「石の里のアーティストたち」。最高級石材「庵治石」の産地として知られる牟礼町・・・

[屋島南嶺山上を一周2]

久しぶりに屋島へ上り、南嶺の山上を一周して歩いてきました。何年か前に高松市長さんなどと一緒に「談古嶺」のホテル跡に植えた「クラビア」が咲き誇っていて。小さな白い花が一面にたくさんあるととても綺麗です。雑草をきれいに抜いてあげたい気持ち・・・

[蓮、色とりどり。芙...]

栗林公園の夏は蓮や、睡蓮も見どころのひとつ。公園の北庭にあたる「香風亭」から蓮が広がる「芙蓉沼」の眺め。落ち着いた・・・

Special issue

FUN FUN FUN!37ファン!

37magazinファンによる投稿ページ!

[屋島の里に咲く桜の花]

今から831年前、高松町に至った時、義経が馬の鞍を外して松の木に掛けて休息したという言い伝えがあり
、その松を「鞍掛松」といいます。当時から数えて何代目かの松が大きくなっていました。また、5~6mの高さの丘、喜岡城(高松城
)の跡は、鎌倉時代・・・

[冬空の澄んだ空気の...]

我が家(…と言っても、妻の実家ですが)では、毎年お正月の三が日は、近所の人が集まりソフトボールをします。お正月なの・・・

[私だけのオリジナル...]

瓦町のセレクトショップ「Letter」の看板にオリジナルノートが作れると書いてあ
って、中へ入ってみました
。スケジュール帳の・・・

[フードバンクへ初め...]

キッチンの掃除で砂糖が1袋出てきたのですが、今すぐに使い道がなく持て余したところ、「フードバンク」という存在を新聞で知りました。フードバンク香川(
高松市)とフードバンク高松(三豊市)の2団体があり、フードバンク香川は香川県社会福祉総合セ・・・

ハマる!ことでん

[推薦産業遺産に認定...]

ことでんオリジナル車両1000形120号、3000形300号
、5000形500号は、平成19年(2007)5月12日に産業考古学会の「推薦・・・

[「ことでん」のラッ...]

「ことでん」の楽しみのひとつは、車体を彩るラッピング電車。今年、新たなラ
ッピング電車が登場!電車の車体は水色とピン・・・

[出会うと嬉しい「こ...]

香川県内を走る「ことでん
」は、ラッピング電車もことでんファンには楽しみのひとつ。2017年の新しく登場したラッピング電・・・

[旧型車両のさよなら...]

「ことでん」では、より路線の品質向上のため節々で旧型車両が役目を終え、新しい車両へと路線が引き継がれます。引退した・・・

[夕暮れ時の610号]

610号は、元は木造の旧型国電クハ6形であった。ことでん入り後に仏生山工場で車体を鋼体化したが、デザインは元のままに近・・・

Special issue

古墳めぐり 第2弾

[綾歌の祖先に思いを...]

綾歌町には、 私たちの祖先が早くから定住し、生活を営んでいた住居跡や古墳群など多くの遺跡が残されています。その霊を祀る社として、綾歌神社が建立されました。ここに古墳があり石塚山古墳群と呼ばれています。社の前の広場には石棺が据えられており・・・

[「綾歌市民総合セン...]

「綾歌市民総合センター」にはレオマワールド付近で出土した古墳が展示されています。これは、昭和62年(1987)綾歌町南部・・・

[ここにも古墳が。丸...]

丸亀市綾歌町富熊にある「
薬師山」。標高75m。綾歌町誌によればこの山で古墳が発見されているそうです
。また、この山は東・・・

[4世紀中頃に造られ...]

丸亀市綾歌町栗熊東の金毘羅街道高松道から北に山道を上がった所にある「快天山古墳」に来ました。快天山古墳は4世紀中頃に造られた全長約100mの前方後円墳で、この時期のものとしては四国で最大の大きさです。後円部頂上の中心から左右に二か所と前・・・

[屋島の北端の長崎の...]

今日は高松市屋島西町の「
鵜羽(うのは)神社」から「長崎鼻古墳」に向かいます。「鵜羽神社」は古事記の「鵜草葺不合命(・・・

威風堂々、高松城跡

[玉藻公園の桜御門跡...]

玉藻公園(旧高松城)の「
桜御門跡」。三の丸入口の櫓門(やぐらもん)で昭和20年(1945)7月4日に戦災により焼失しました・・・

[桜御門復元見学会2]

続いて東の石垣の前で話を聞いています。焼けた石垣を再利用して安全かどうかを見るため、作業ヤードに解体した石を仮積し・・・

[玉藻城に天守閣が復...]

高松市のJR高松駅前にある玉藻城天守台の石垣の一部に倒壊の危険があるため、復元のための解体修理と発掘調査が数年前に行われて
、現在は修復が終わり復元が完了しています。 この天守台に天守閣が復元されるかも!天守閣の資料として写真が一枚しか残っ・・・

[修復された高松城天...]

生駒氏時代の天守は、絵図や古文書によると3層だったようです。松平氏時代の寛文10年(1670)に改築された天守は3層5階(3層4階+地下1階)の唐造りで四国最大規模を誇っていましたが
、明治17年(1884)老朽化を理由に取り壊されました
。平成17年から天守・・・

[改修された高松城天...]

香川県東かがわ市の海岸線を散策しました。誉田八幡宮に参拝して出発、境内には夏の花ざくろが鮮やかに咲いていました。朝・・・

Special issue

時の流れに浸る

[「高原製粉精米水車...]

香川県高松市六条町にある「高原製粉精米水車場」は
、平成28年(2016)3月2日に国登録有形民俗文化財に登録された国内最・・・

[屋島ドライブウェイ...]

2017年7月から高松市屋島中町の「屋島ドライブウェイ」の通行料が無料になっています。7月21日当日、無料化開始を記念して元料金所の手前で、ことちゃん
、ことみちゃん、高松ゆめ大使さんがお出迎え、屋島の標高の292mにちなんで先着292台に記念グ・・・

[源平屋島合戦をしの...]

今を去る830年あまりの昔
、この地で源平屋島合戦が行われ、この土の下に源氏
、平家のつわものどもが眠ることを思えば、歳・・・

[菊王丸の墓]

安徳天皇社から坂道を下って屋島東小学校の側に、「
菊王丸の墓」がひっそりと佇んでいます。「源平合戦文治元年(1185)の・・・

徹底的にうどん

[あの俳優さんと同じ...]

思い出の場所や風景を訪ねるとあるテレビ番組で、昼食に立ち寄って紹介されていた寒川町の男山神社の側にあるうどん屋さんに私も行ってみました。番組で紹介されていたのは「まったけうどん」。大窪寺参拝の帰りにこのうどん屋さんに寄り、思い切って出・・・

[年明けうどんをはし...]

「全国年明けうどん大会2017inさぬき」も2017年で4年目となり、年明けうどんがここ数年ですっかり定着して、新しいうどん・・・

[イベントでも必ずう...]

毎年恒例の平賀源内記念館で開かれている「さぬき源内ふるさとまつり」。どこで食べても美味しいうどん
、イベントに参加し・・・

[源平屋島納涼祭でも...]

屋島山上、県木園で毎年行われる「源平屋島納涼祭」
。源平屋島納涼祭実行委員会が実施し、歌やダンスなどのステージイベントや多数の飲食ブースが出店する
、地元の方々のお楽しみイベント。 会場までシャトルバスが出ていてとても便利です。会場入口の本・・・

[お祭りでもうどん]

香川の地域のお祭りやイベントに行くと、最近はどのお祭りも物販ブースがとても充実していて、食べ物や
、地域の物産などを・・・

Special issue

アート、アート、アート

[アートで香川県の民...]

高松市の玉藻公園の艮櫓が見える「桜の馬場」で、「
アートコンポ香川」が開催され、(平成29年(2017)10月28日(土)~11月12日(日))香川県の民話をテーマに募集され、優秀作品が巨大作品となって展示されていました。「心の目を開け。~さぬきの・・・

[「アートコンポ香川...]

玉藻公園で開かれていた「
アートコンポ香川」、立体作品が桜の馬場に設置されていました。「樽流し」(
写真上)のモチーフ・・・

[小さなお家に色とり...]

香川県の民話をテーマに募集した作品を巨大作品にして展示する アートイベント「アートコンポ香川」。「
くぬきだるま」(写真上は内部、記事表紙の画像は作品外部)をモチーフにした作品。くぬきだるまの話で主人公の人生が好転するき
っかけとなった情景・・・

[石の里のアーティス...]

高松市牟礼町の「高松市石の民俗資料館」で開催される、「石の里のアーティストたち」。今年のテーマは「庵治石、Part16」です。民俗資料館前の斜面が綺麗な緑色の芝生広場になっており、そこにさまざまな石の彫刻が並べられていて、緑と石がみごとに調・・・

[石の里のアーティス...]

「高松市石の民俗資料館」で開催される、「石の里のアーティストたち」。最高級石材「庵治石」の産地として知られる牟礼町・・・

野外彫刻めぐり

[「高松市民のねがい...]

高松市内の中央公園とその周辺にはさまざまな市民の願いが形になった野外彫刻が点在しています。それらをじっくり巡ってみ・・・

[未来の高松市民へメ...]

高松市中央公園の東入口から石段とスロープを上がったすぐ左側に、三枝惣太郎氏の作品の「伸」がある。「苦難を乗り越えて伸びゆく高松」をテーマに制作した作品で、市政100周年を迎えた高松市が激動の21世紀に向って、平和で安らぎのあるまちづくりへの願いが・・・

[三枝惣太郎氏作「伸」]

かつて“由良石”を掘り出していたという「由良山」の近くに「由良川東公園」があります。大型の遊具は無く、広場にブランコ・・・

[中央公園に菊池寛氏...]

中央公園南東にある「菊池寛」氏の銅像。氏の生家に近く、昔遊んだであろう公園南東に建立されたもの。文豪・菊池寛は明治・・・

[元高松市長の国東照...]

元高松市長の国東照太氏は
、明治20(1887)年高松市の旧中野村に生まれ、高松市立商業学校を父の急死により中退、家業の紙・・・

[かつてここに球場が...]

高松市中央公園は高松市立中央球場跡地に整備された公園で、公園の「芝生広場
」に、昔ここに中央球場があったことを示すホ・・・

Special issue

自然にどっぷり

[自然にどっぷりと浸...]

自然にどっぷり浸りたくて柏原渓谷へ行ってきました
。林野庁「水源の森百選」
、香川県「香川のみどり百選」にも指定されて・・・

[寒霞渓の渓谷...]

早朝まだ薄暗い中、土庄港で集合、バスで寒霞渓へ。ロープウェイ乗り場横から表八系の奇岩を見ながら紅雲亭を目指します。・・・

[空き地を愛でる...]

きょうは青い空に真っ白な雲…。風が強いけれど晴れてよかった。散歩道の空き地にアキノエノコログサが風に揺れ…。江戸時代の人たちは、花見で花を愛でるように、冬枯れの景色を見にわざわざ行って「枯野見物」をしていたそう。色のない季節の色を楽し・・・

[屋島南嶺山上を一周1]

四国村の近くにある屋島ドライブウェイを高松市が買収するという補正予算案が高松市議会で可決されたようで、2017年7月下旬よりこの道路の無料化が実施される予定だというニュースが流れた。この無料化の実現により屋島を訪れる人が増えることを願いな・・・

[屋島南嶺山上を一周2]

久しぶりに屋島へ上り、南嶺の山上を一周して歩いてきました。何年か前に高松市長さんなどと一緒に「談古嶺」のホテル跡に植えた「クラビア」が咲き誇っていて。小さな白い花が一面にたくさんあるととても綺麗です。雑草をきれいに抜いてあげたい気持ち・・・

本津川の鳥景色

[春色に魅せられて、...]

春色に魅せられて、今日はいつもと違う本津川へ出かけました。いましたー、ゴイサギです。妙に足が長くて何とも愛嬌のある・・・

[水面をシューッと一...]

あっ!飛んだ!本津川のカワセミ。翡翠のような体色
、こんな美しい鳥が川で年中見つけることができるなんて幸せですね。寒い中じ
っと水面を見つめていましたが、人の気配に飛んでい
ってしまいました。しばらくしてまた水面を見つめているかと思うと、サ・・・

[小春日和のシラサギ...]

よく晴れた朝の光景。小春日和の本津川でシラサギの集団が朝から優雅に飛び交
っています。シラサギは総称でいくつか種類が・・・

[美しい黄色のキセキ...]

2月のある日、本津川の支流、古川で。小さな石の上をあっちにこっちに飛び回
っているキセキレイを見つけました。胸からお・・・

Special issue

栗林公園 春の花だより

[北梅林、春景色]

毎年恒例となっている栗林公園の「梅まつり」。(2017年は2月18、19日)暖かい日和と相まってもう春が来たのでないかと見間違うような陽気です。2017年は日本一早かった標準木の開花した花が、2月下旬の今では花盛り。栗林公園の梅の種類は、「野梅(や・・・

[南梅林、春景色]

栗林公園「梅まつり」は、公園の「北梅林」と「南梅林」にある梅の木170本を愛でる、春一番の楽しみのひとつです。赤い橋・・・

[「小普陀」の対岸を...]

3月ももう終わり。栗林公園の西湖と南湖を結ぶ「小普陀」付近の水路にハクモクレンの花が咲いています。枝の上から下へと・・・

[若葉萌ゆ、大名庭園]

栗林公園の築山「飛来峰」から下ろすと手前に偃月橋
、紫雲山を借景に南湖の掬月亭を望む眺め…。園内随一の絶景です。また、芙蓉峰からの北湖、楓岸の新緑
、小普陀に映えるツツジと新緑の紫雲山。観れば観るほど魅せられて。桜も葉桜となり皐月を迎える・・・

[約300本の桜のトン...]

これぞ日本の春!栗林公園の4月は桜が満開です!園内には約300本もの桜があるそうで、咲き誇るその景色は壮観です。2017年は栗林公園の桜の標準木が開花したのが4月2日。4月に開花したのは5年ぶりで平年よりも5日遅かったようで、ようやく、という感じ・・・

栗林公園 夏の香り

[蓮、色とりどり。芙...]

栗林公園の夏は蓮や、睡蓮も見どころのひとつ。公園の北庭にあたる「香風亭」から蓮が広がる「芙蓉沼」の眺め。落ち着いた・・・

[芙蓉沼の賑わい、睡蓮]

暑い夏に涼がたっぷり。芙蓉沼には蓮の他に睡蓮も美しく豪華に浮かんで、しばし見惚れました。芙蓉沼そばの石梁からカメラを構えたり、思い思いに眺めています。・・・

[一服の涼、桶樋の滝]

南庭の石壁にある「桶樋の滝」。昔、藩主がお庭に来られたときには、管理の者が池の水を桶で担ぎ上げて滝を流したと伝えら・・・

[私のお気に入り、青...]

青々としたヒマラヤスギの立派な姿、紫雲山と美しい形に剪定された木々…。夏真っ盛りの栗林公園も良い眺めです。特にお気・・・

[吹上亭の綺麗な水に...]

栗林公園の石梁の西側の遊歩道をくぐる水路から「芙蓉沼」に、綺麗な水が流れ込んでいる所があります。ここに時々大きな鯉が姿を見せて、気持ちよく大きな口を開けて水を呑み込んでいます。例年は「吹上亭」前には色とりどりの鯉が沢山集まり、観光客の・・・